TOEIC

TOEIC点数・スコアで評価される目安は?就活・転職・昇進時の基準を知ろう!

TOEICスコアって結局何点を目指せばいいんだろう?会社によって違うのは分かるけど、目安を知りたい!

TOEICでどんな点数を取っていれば会社に評価されるのか、ご存知ですか?

もちろんどんな会社を目指しているのか、会社の中でどんなポジションにつきたいのかで求められる英語力は変わってきます。

とは言っても…世間で言われている一応の基準は知っておいた方が良いですね。

今回はTOEICでどのくらいの点数・スコアを持っていれば評価されやすいのかの目安をご紹介していきます。

英語学習をしていく上での目標になりますし、目標を定めることでモチベーションもアップできますよ。

これから就活や転職をしようとしている人、そして英語力をアップさせて会社内での評価を上げたい人は必見です!

評価されるTOEIC点数・スコアの目安は何点から?

就活・転職時に求められるTOEICスコアの目安を知ろう

まずは会社に入るにあたって理想となる、TOEICスコアを見ていきましょう。

英語を使わない仕事なら、600点以上

英語を使わない会社であれば、TOEICスコア600点というのは結構評価してくれるラインです。

「英語の勉強を頑張ったのね」

「いざとなったら戦力になってくれるかもしれない」

というラインでもあります。

逆に言ってしまうと、TOEIC600点以下は正直微妙なラインです。

大学生でも500点台の人ってたゴロゴロいるので、差がつかないんですよね。

ということで、最低でも600点は取っておきたいところです。

英語を使う仕事なら750点以上

海外の会社と取引している会社なら、600点が足切りになる可能性があります。

そしてTOEIC750点を持っていることが英語を使う仕事につく際の基準となりますね。

正直、TOEICのテストで750点を取ったからと言って、実際のスピーキング力は人によって差が出てしまうところです。

もし本格的に英語を使う仕事に就きたいのなら、「TOEIC Listening & Reading Test」と別に「TOEIC Speaking & Writing Tests」も受けておくのをおすすめします。

大手企業が求めるTOEICスコアはの平均は730点以上

業種にかかわらず、大手企業が求めているTOEICスコアの平均は730点というデータがあります。

実際に英語を使わない仕事でも、大手企業を受けるとなったらライバルは多いです。

TOEICスコアがアピールポイントとなることもありますので、持っていて損はないですね。

英語を使うかどうかは置いておいて、とにかく大手企業に就職したいという人はまずは730点を目指しましょう!

公用語が英語の会社なら800点以上

社内の公用語が英語となった「楽天」の例だと、入社までにTOEICスコア800点を取ることを義務付けられています。

TOEIC800点が最低ラインとはとても厳しいように思われますが、英語を使ってビジネスをしようとするとやはりこれくらいは必要なんですね。

逆に言えば、社内の公用語が英語となっている会社でも800点が基準となっているわけですから、800点という点数はかなり武器になるということが言えます。

本格的に英語を使った仕事に就きたいのであれば、800点を目指して勉強していきましょう!

会社内の配属・昇進に必要なTOEICスコアの目安は?

次に、会社内で海外部門に配属・そして昇進するためのTOEICスコアの基準を見ていきましょう!

海外出張には700点以上

実は短期の海外出張をするだけだったら、そこまでの英語力は求められないこともあります。

実際私の知り合いの何人かは、ほとんど英語を話すことが出来ませんが年に何回か海外出張に行っています。

というのは、英語ができる人を一人立てて他の人はその人のサポートをするイメージでなんだそう。

そうは言っても、せっかくならその出張チームの中心人物になりたいですよね。

誰に出張を任せかとなったとき、やはり英語ができる人に頼みたくなりますもんね。

社内での仕事の幅を広げるためにも、英語はできて損はありません。

国際部門には750点以上

日本にいながら海外の企業・チームと仕事をするのであれば、750点が基準となります。

メールやビデオ通話で特定の人と会話をするだけであれば、TOEIC750点くらいで対応できることが多いです。

海外赴任には800点以上

現地で生活しながら仕事をする場合、800点以上は少なくとも必要です。

日本で仕事をする場合は、話をする時間も人も限られています。

しかし、海外赴任となると不特定多数の人と常に英語で話していることになります。

ネイティブ並みにペラペラになるにはTOEIC900点以上が必要と言われています。

英語圏への赴任の場合最低800点、欲を言えば900点を目指して勉強していくのが良いでしょう。

2年以上前のスコアは評価されにくいので注意

「TOEICでそこそこのスコアを取ったことはあるけど、2年以上前なんだよね…」

って人も多いのではないでしょうか?

実は2年以上前に取ったTOEICスコアは評価されないこともあるんです。

もちろん企業にもよりますが、「何もしなければ英語力は下がってしまうもの」という共通認識があります。

企業によっては、そもそも「2年以内に取得したTOEICの点数を提出してね」って指定してくる所もありますよ。

できるだけ定期的にTOEICを受験して、確実に英語力を伸ばしていけるようにしたいですね。

評価されるTOEICスコアの目安まとめ

英語力をアピールしたいのなら…
  • 入社時最低でも600点
  • 英語を使う仕事をしたいのなら入社時750点
  • 海外赴任など本格的に英語を使う仕事なら800点を目指そう
  • TOEICは定期的に受けるのが必須!

今回は会社の評価されるTOEICスコアの目安ということをご紹介していきました。

やはり最低600点は欲しいところですね。

そして外資系・海外赴任のある企業なら800点は取っておきたいところです。

就活・転職時にいきなりTOEICでハイスコアを取ろうとしても無理な話。

TOEICを何度も受けているうちに出題傾向や問題のクセが分かってくるんです。

何度も受験して少しずつスコアを伸ばしていくしかありません。

英語が必要になったときに即座に使えるようにしておきたいですよね!

数か月に1回TOEICを受験することを目指して、日々の英語学習をしていきましょう!

とは言っても、「英語を勉強する時間なんてないよ…」という人も多いのではないですか?

私がハマっているネイティブキャンプなら、24時間好きな時間に好きなだけレッスンできるのでおすすめですよ。

時間に縛られたくない私には予約不要ってのがとても合ってるんだ。

月額6,480円で好きなだけレッスンし放題なので、使えば使うだけお得です。

もちろんTOEIC対策にも対応しています。

ネイティブキャンプについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です