TOEIC

TOEICに有効期限はあるの?就活などの履歴書に書けるのは何年前まで?

TOEICっての有効期限って2年のイメージだけど…違うの?

就活や転職などで、履歴書にTOEICのスコアを書くことも多くありますよね?

でも皆さん、2年以上前に受けたTOEICの点数は書いてはいけないと思っていませんか?

巷ではTOEICの有効期限は2年と言われているのですが、これは実は間違いなんです!

今回はTOEICの有効期限について、一緒に勉強していきましょう。

同時に、就活や転職などの履歴書にTOEICのスコアを書く際の注意点もご紹介していきます。

TOEICに有効期限はない!

実は、TOEICのスコア自体に有効期限はないんです!

なので何年も前に受験したTOEICのスコアを履歴書に書くことは可能です。

ただ、書くことは可能と言っても、やはり最近受験したTOEICのスコアの方が信頼性が高いのが事実です。

そして履歴書に書く時の注意点なんかもあるので、続けて詳しく解説していきますね!

なぜ「TOEICの有効期限2年説」が広まっているの?

過去には有効期限が存在した

実はかつてのTOEICは、スコアの有効期限が決まっていたんです。

この時のことを記憶している人が、TOEICに有効期限がなくなったことを知らないでいる可能性がありますね。

企業や学校から間近2年の指定がある場合も多い

TOEICのスコア自体には有効期限がありますが、それとは別で企業ごとに「2年以内に取ったスコア」と指定があることも多いです。

これにはいくつか理由があると考えられます。

まず1つ目に、「採用者側がまだTOEICのスコアに有効期限があると勘違いしている」説。

「有効なスコアを提示してね」ってだけの気持ちで、募集要項にそのように記載をしているだけの可能性があります。

そして2つ目。

これが一番多い理由だと思いますが…

「英語力は落ちていくものだから、最近取ったスコアじゃないと意味がない」と考えている企業も多いということです。

そりゃそうですよね。

10年前にTOEIC800点とっても、今もその英語力があるとは限りません。

800点取ってれば即戦力になるだろうと思って採用しても、実際使えないのでは意味がありません。

やっぱり古すぎるスコアはあてにしてもらえない可能性が高いです。

公式認定証・スコアレポートの再発行は2年以内

公式認定証とは、「TOEIC公開テスト」で受験した試験の結果が載っているもの。

そしてスコアレポートとは、企業や学校などの団体で申し込んだ「TOEIC IPテスト」の結果が記載されているものです。

いずれも2年以内なら再発行してくれるのですが…

公式認定証とスコアレポートは、その2年間の起算日が違うので注意が必要です!

  • 公式認定証の再発行:回答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年以内
  • スコアレポートの再発行:試験日から2年以内

もし手元に成績を証明できるものが1部もない場合は、この期限内に必ず取り寄せておいてください!

TOEIC受験から時間が経っている場合、どうしたらいいの?

企業が取得年を限定していないかチェック

もし企業側が「2年以内に取得したものに限る」と限定してきたら、昔に取ったTOEICスコアをアピールしないのが一般的です。

一般的な履歴書には資格名・取得年が書けるようになっていますのでそちらに記載するのはOK。

でも、企業が用意したフォーマットで提出する場合は記載を避けた方が無難です。

せっかく有効なスコアを持っているのにもったいないですけどね…。

公式認定証やスコアレポートの添付を求められる場合もある

「資格を記載する場合、証明できるものを添付すること」なんて言ってくる場合もありますよ。

原本を添付するように求められることはなかなかないですが、コピーの添付が必須な企業は非常によく見かけます。

先ほども説明したように、公式認定証とスコアレポートの再発行は2年となっていますので、手元にない場合は早急に再発行してもらいましょう!

最近取ったスコアの方が信用性が高い

いくらTOEICスコアに有効期限はないといっても、やはり最近取ったスコアの方がその人の英語力を強く証明することになります。

TOEICのスコアで採用・不採用が決まる企業ならなおさら、求められているのは「今すぐに英語を使って活躍してくれるか」です。

「TOEIC満点」などを肩書きにして仕事を取るわけではないので、企業にとってTOEICの点数というのはただの採用の目安です。

それに、「10年前から英語の勉強をしていないのか」と思われる可能性すらあります。

いずれにせよ、間近に受けたTOEICスコアを提出したいところです。

TOEICは定期的に受験するのがおすすめ

TOEICである程度の点数を取ったらそれで終わりってわけではありませんよね?

英語学習の目的は日常や仕事で英語が使えるようになること。

そしてTOEICの点数だけ見ても、満点を取らない限りまだまだ上を目指していけます。

TOEICのような試験は何回も受けるうちにコツをつかんできたり、苦手な部分をするなどしてどんどんスコアを伸ばしていけるんです。

先ほどから申し上げていますが、英語力は何もしないと下がっていく一方。

自分の英語力の維持そして向上のために、TOEICは定期的に受験しましょう!

英語は使えないと意味がない!TOEICが肩書きだけにならないようにしよう

まとめ
  • TOEICに有効期限はない!
  • ただし、企業によって取得年を限定してくる場合もある
  • 公式認定証・スコアレポートの再発行期限に注意!
  • TOEICは定期的に受けるようにしよう

今回はTOEICの有効期限についてご説明していきましたが、いかがでしたか?

TOEICスコア自体に有効期限がないといっても、やはり最近受けたものじゃないと信頼されないという風潮はあります。

悲しいですが過去のスコアにあぐらをかかず定期的にTOEICを受験して、さらなる英語力の向上につなげていきましょう!

最近ではTOEIC対策もできるオンライン英会話も出てきて、対策しやすくなりましたよね。

私はネイティブキャンプで毎日英会話しています。

私の受講目的は発音改善と日常会話だけどね。前回受けてからしばらくたってるから、そろそろTOEICも受けないと…。

定額料金で毎日好きな時間に好きなだけレッスンできるので気に入っています。

毎日レッスンできる人にはめっちゃコスパ良いですよ。

TOEIC対策ももちろんできる!

ネイティブキャンプについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です