専門学校

専門学校ではテストはある?難易度はどんな感じ?

専門学校に入学した後もテストはあるのかな?難しさとか、どんな感じなんだろう…。

高校生までは年に数回定期テストがありますよね。

大学でも期末試験があり、試験合格に向けて勉強していきます。

でも…

専門学校にはテストは存在するのでしょうか?

先に結論を言ってしまうと、定期的に試験を設けている学校がほとんどだよ。

という訳で今回は、専門学校入学後のテスト事情についてまとめました。

私の周りの友人、生徒、ネットの声なんかをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

専門学校ではテストはある?

では最初に、専門学校のテストの概要についてまとめていきます。

定期テストがある場合が圧倒的に多い

私の肌感覚としては、年4回の定期テストがある専門学校が多いように感じています。

前期・後期制になっている学校が多く、それぞれ中間テストと期末テストがあるイメージですね。

ただこれは学校によって様々で…

いわゆる「テスト期間」というものがなく、科目ごとに試験日が設定されている場合や、中学校・高校のようにテスト期間がある場合もあります。

しかし一方で、週に1回~月に1回の小テストがメインな学校も存在するようです。

国家試験合格のための専門学校では、小テストに力を注いている学校が多い印象だよ。

ペーパーテストではなく実技試験がメインの場合も

音楽系や接客系、調理系の専門学校では、定期テストではペーパーテストの代わりに実技試験を課すことも多いです。

音楽ならば課題曲の演奏、接客系ならば特定の場面を想定しての対応練習、そして調理系ならば調理中の様子や仕上がった料理の出来栄えなどで評価されますね。

もちろん100%実技試験しかないってことは少ないかと思います。

ペーパーテスト併用する学校が多いですよ。

課題提出がほとんどなことも

また技術系・芸術系の専門学校の場合は、テストではなく課題提出で評価されることも多いようです。

この課題提出系の学校は、結構大変みたいですね…。

友人はいつも課題に追われて忙しそうにしていました…。

また定期テスト中心の学校でも、科目によってはレポート提出などがあるようですね。

実習科目だと、「レポート提出をもって単位を認定する」という場合もあります。

定期テストとは別にある「国家資格受験用テスト」

そして特に国家試験の合格を目指すための専門学校では、定期テストと別に「国家試験受験用テスト」が存在します。

これは看護・医療系で多く取り入れられているもので、そのテストに合格しなければ国家試験を受けられないというもの。

(これは合格できそうにない生徒をふるい落とし、合格率を上げるためという意味もあるようです…)

このテストは国家試験の本番レベルであることが多いので、時間をかけて丁寧に対策しないといけません。

専門学校のテストって難しい?

ほとんどの専門学校でテストが存在するのか…このテストって難しいのかな?

ここでは専門学校のテストの難易度についてまとめていきますね。

定期テスト・小テストはちゃんと対策すれば合格できるくらい

定期テストや授業中の小テストについては、きちんと対策していれば普通に合格点は取れる設計となっている場合が多いです。

定期テストの2週間前~1週間前から勉強する人が多いみたいですね。

実技テストはかなり緊張するらしい

実技試験については、「難しいというよりもかなり緊張する」という声があります。

たくさんの先生に一挙手一投足を見られるということもあって、いつも通りにこなすことが難しいらしいです…。

これを乗り越えればかなり度胸がつきそうだね。

国家資格用テストは本番レベル

そして先ほども書きましたが、国家試験用テストはその国家試験本番レベルとなっています。

難しい国家試験に合格するためには、同じレベルの問題で練習することが必須ですからね。

学生からしたら、「国家試験の前に立ちはだかる第一の壁」ってイメージらしいです。

長時間かけてしっかりと対策しないと合格は難しいでしょう。

テストの点数が低いと再試験を受けないといけない?

ここでちょっと注意があります!

高校生までは、テストの点数が悪くても無料で再試験を受けられましたよね。

でも専門学校では、再試験を受けるためには科目ごとに数千円を払わないといけないことも多いんです。

いくらきちんと対策していれば合格できるといっても、対策はぬかりなく行わないといけません。

むしろ高校までよりもプレッシャーがかかりそうですね…。

欠席した授業の分、有料で補習授業を受けないといけない場合も多いから…一回一回の授業を大切にしないといけないね。

専門学校もテストはある!でもしっかり対策すれば問題なし

まとめ
  • 専門学校でもテストは存在する
  • テストの時期や回数、試験方法は学校により様々
  • 国家資格を目指す人はテストが多めになる
  • ほとんどのテストはちゃんと対策をすれば合格できる
  • 再試験には注意。全部一発合格を目指そう!

今回は専門学校のテストについての情報をまとめていきました。

専門学校にもテストはありますが、授業の範囲をしっかり学習していれば合格できることが多いです。

私の周りには「高校までの定期試験にしっかり取り組んでいるのなら問題なく合格できる」と言う人が多いので、あまり心配する必要はないのではないかと思います。

ただ試験の形がペーパーテストなのか、実技試験や課題提出なのかというのは、専門学校によって変わってきます。

気になる人はぜひ、オープンキャンパスに行って直接聞いてみてくださいね。

まだ志望校が決まっていないのなら、とにかく広く情報収集をするようにしましょう

テストだけをとっても専門学校によっていろんなやり方がありますので、授業の進め方、普段の様子などは千差万別。

自分の目的や性格に合った学校を選ぶ必要があります。

情報収集の方法として手っ取り早いのはパンフレット請求ですね。

マイナビ進学などの受験情報サイトを使えば、地域や学問分野から学校を絞り込んでくれます。

気になる学校のパンフレットを沢山取り寄せてみて、特に気になる学校のオープンキャンパスに行くようにすれば効率が良いですね。

学校は必ず自分の目で見て、じっくりと比較・検討しましょう。

情報収集は徹底的に行い、ぜひ後悔しない進路選びをしてください!

気になる大学・短大・専門学校のパンフを無料請求

10校以上で図書カードプレゼント

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です