専門学校

専門学校のオープンキャンパスは絶対に行くべき!服装や行く時期、回数などを解説

専門学校って大学に比べて合格しやすいみたいだし、オープンキャンパスに行かなくても大丈夫かな?

「オープンキャンパスに行かないと不利になる」というのは、皆さん何となく感じているのではないかと思います。

でも…

実際どれくらい不利になるのか?

オープンキャンパスに行かないと不合格になってしまうのか?

ってところはあまり知られていませんよね。

専門学校は合格しやすいイメージがあるけど…それでもやっぱりオープンキャンパスには参加したほうが良いよ。この理由をお伝えしていくね。

というわけで今回は、専門学校のオープンキャンパスについての概要を紹介していきます。

行くべき回数や行く時期、そして当日の服装や持ち物なんかも紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

専門学校のオープンキャンパスは絶対に行くべき!その理由は?

まず声を大きくしてお伝えしたいのは、

専門学校のオープンキャンパスには必ず参加しよう!

ということです。

その理由は2つあります。

理由① AO入試・推薦入試に出願できない可能性がある

AO入試や推薦入試では、オープンキャンパスへの参加を出願条件としている場合も多いんですよね。

事前にオープンキャンパスに参加していないと、出願することすらできないのです。

専門学校は一般的に、大学よりも多くオープンキャンパスを開催していますが…

出願直前になって焦らないように早めに参加することが大切です。

また専門学校でも一般入試は存在しますが、専門学校の場合は定員に達したらそれ以降の入試は実施しません。

なので専門学校は早い入試から受けていくことが基本ですよ。

理由② 自分の目で見て確かめる必要がある

これは専門学校に限らず、どの学校に対しても言えることなのですが…。

通う学校を自分の目で確かめないというのはとても危険なことです

そもそもパンフレットは良く見せるためのものなので(ちょっと言い方はアレですが)、鵜呑みにしてしまうのは危険です。

そして同じような名前が付いたコースでも、学校によって学べる内容や学習方法が変わる場合も多いですよ。

本当にやりたいことがそこにあるのか、きちんと自分の目で確かめるべきです。

さすがに試乗せずに車を買う人はいないよね?学校に通うのは下手したら車より高くつくんだから、実際に実物を見て判断しよう。

専門学校のオープンキャンパスが行われる時期は?

大学だと春からスタートして、夏から秋にかけてがピークとなることが多いですが…。

専門学校のオープンキャンパスは年中まんべんなくやっていることが多いですね。

学校によっては、長期休み中は毎週のように開催している場合もあります。

なので気になった学校は片っ端から見学に行って、沢山の学校を見比べましょう。

専門学校のオープンキャンパスには何回くらい行くべき?

専門学校のオープンキャンパスは何回くらい行けばいいのでしょうか?

明確に「〇回行けばOK!」ということは言えませんが、目安をお話していきますね。

AO入試・推薦入試狙いなら最低2回は必要

まずはAO入試・推薦入試の場合ですが…

最低でも2回はオープンキャンパスに行きましょう。

オープンキャンパスへの参加が出願条件になるので、1回はマストだとして…

他の人と差をつけるためにはあと数回はオープンキャンパスに行った方が良いです。

1回では「その学校への熱意がある」とは受け取られづらいんですよね。

出願条件をギリギリクリアするだけだとちょっと危険です。

実際の生徒でも、オープンキャンパスには2~4回通ったという人が多いよ。

一般入試でも最低1回は見学に行こう

ふつう一般入試は学力を重視する場合が多いですが…

専門学校の入試では学力試験の他にも面接や小論文を課す場合が多いです。

当然「どれくらいその学校に熱意があるのか」もチェックされるので、オープンキャンパスに行ったことがないのでは危険ですね。

また専門学校一般入試狙いの人は、大学と併願している人も多いかと思います。

滑り止めだからと言って下調べをおろそかにしない方がいいですよ。

オープンキャンパスには行けば行くだけ得!

先ほどオープンキャンパスはふつう2~4回行くと書きましたが…。

専門学校のオープンキャンパスは、行けば行くだけ得することも多いですよ。

何回も学校に足を運べば、顔と名前を覚えてくれる場合も多いです。

これは面接で圧倒的に有利になりますね。

それにオープンキャンパスに行くたびにプレゼントをくれる学校もありますので(笑)、行けば行くだけ得と言えます。

専門学校のオープンキャンパスに行く際の服装や持ち物は?

ここでは実際に専門学校のオープンキャンパスに行く際の服装や持ち物などを解説していきます。

服装は制服でも私服でもOK!

専門学校のオープンキャンパスに行く際は制服でも私服でもOKです。

私の肌感覚では、私服で行く人が多いような気がしますね。

制服はきちんとした印象を与えられるので、洋服に迷ってしまったら制服が無難かもしれませんね。

最低限おさえておきたい持ち物

専門学校のオープンキャンパスに行く際の持ち物は、こんな感じです↓

  • 筆記用具
  • 大きめのバッグ・袋
  • 地図・路線図など
  • 学校の連絡先
  • 案内ハガキ(届いていれば)
  • 指定された持ち物

持ち物は大学のオープンキャンパスと変わりませんが、注意したいのは《案内ハガキ》ですね。

ハガキが入場券代わりとなることが多いですよ。

ハガキを提示すれば名前や学校名などを書く手間が省けたり、プレゼントがもらえるなど得することもあります。

手元にハガキがある人は必ず持って行くようにしましょう。

大学のオープンキャンパスについてはこちらの記事でまとめています↓

専門学校のオープンキャンパスは予約制になっている可能性が高い!

一般的に大学のオープンキャンパスは、予約が必要ない場合がほとんどですが…

専門学校は予約が必須な場合も多いので注意が必要です。

特に今年は、沢山人が集まる状況は避けないといけませんからね…。

きちんと下調べをして、必要なら事前予約をしておきましょう。

専門学校のオープンキャンパス予約はマイナビ進学が便利です。

やり方をまとめた記事を貼っておきます↓

念のため予約をとって、万全な状態でオープンキャンパスに臨もう

まとめ
  • 専門学校のオープンキャンパスは2回以上行くのが目安
  • 一般入試狙いの人も必ず1回は足を運ぶようにしよう
  • 専門学校のオープンキャンパスは事前予約制となっていることも多い
  • 予約サイトなどで念のため予約しておこう

今回は専門学校のオープンキャンパスについて紹介していきました。

専門学校は大学に比べて倍率は低めになってはいますが、油断は禁物です。

オープンキャンパスへの参加が出願条件となっている場合もありますので、必ず余裕を持って参加するようにしてくださいね。

これから数年間通う学校を一度も見ずに受験するということは怖いですから。

学びたいことが本当に学べるか、実際の学校の様子はどうなのかなど、自分の目で確認してくださいね。

オープンキャンパスで質問するべき事柄については、下記の記事でまとめています。

こちらは大学のオープンキャンパスを想定して書いた記事ですが、専門学校受験生にも参考になるはずです。

まだ志望校を絞り込めてないという人は、早めに情報取集に取り掛かりましょう。

手っ取り早いのはパンフレット請求ですね。

気になる学科や地域などで絞り込んで何校も請求し、パンフレットが届いたらゆっくり比較・検討することをおすすめします。

何事も行動を起こさないと始まりませんからね。

これを読んでいるあなたは、ぜひ納得いくまで何回も・何校でもオープンキャンパスに参加してください!

気になる大学・短大・専門のパンフを一括請求

10校以上で図書カードプレセント

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です