仮面浪人

仮面浪人で大学を休学するのってアリ?筆者的には一択で…

仮面浪人をしてもう一度第1志望の大学にチャレンジしたいんだけど…。大学を休学するという選択肢はアリなのかな?

大学に通いながら受験勉強をする《仮面浪人》

でも普通に大学に通って単位を取ろうとすると、かなり忙しいです。

中には大学を休学してしまって、勉強に専念しようとする人もいるかもしれません。

私も仮面浪人をしていたんだけど、一度は「休学」が頭をよぎったよ。

でも実際、大学を休学して仮面浪人をするのってどうなのでしょうか

この記事では仮面浪人中に大学を休学するメリットやデメリット、そして私自身の考えをまとめていきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

仮面浪人で大学を休学するのってアリ?

まず前置きなんですが、休学できる期間について初めに押さえておきましょう。

  1. 前期だけ休学
  2. 後期だけ休学
  3. 1年間休学

の3パターンがありますね。

ちょっとこれを頭に入れておいてください。

ではこれを踏まえて私の意見を述べていきます↓

筆者的には休学は絶対にナシ!!

先ほど挙げた①~③のどの休学パターンを取るにしても、私の中では休学はナシです。

特に①と③のように、入学直後に休学届を出すのはさらにマズイと思っています。

以下でその理由を解説していきますね。

休学に反対する理由は…《リスクの方が大きいから》

そもそも仮面浪人をする理由としては、「浪人に失敗した時でも通う大学がある」ということが一番大きいですよね。

親が浪人に反対していたり、入学後に失敗に気づいたりなど他の理由を持っている人も多いですが…

今の大学を保険と考えている人がほとんどかと思います。

仮面浪人に成功して、もうその大学に行かないのなら問題ありません。

しかし、もし失敗してしまったら…

下手したら進級も、友達も、お金も失うことになってしまいます

どうしてそうなってしまうのか?

詳しくは次の項目で解説していきますね↓

仮面浪人が休学するデメリットを知っておこう

では、仮面浪人中に休学することのデメリットを一つずつ説明していきますね。

《休学→仮面浪人失敗→留年》は最悪のパターン

大学は「進級するのに必要な単位数」を定めていることが多いです。

もし休学して受験勉強に集中していたものの、受験に失敗してしまったら…

今いる大学で《留年》することになってしまいます。

これが仮面浪人が休学することの最大の恐怖ですね。

留年すると大学生期間が+1年。

もちろん学費も1年分余計にかかってしまいます。

履歴書には「留年した」という事実だけが記載されます。

これでは何のためにその大学に入学したのかが分かりませんよね。

それだったら大学に学費を払う代わりに、予備校代として自分の成長のために使った方が良いです。

1年生→2年生の進級は単位数によらず全員できる場合もあるよ。進級の条件は大學によるから注意してね。

休学中も学費はかかる

国公立大など一部の大学では、休学中は学費を納めなくても良い場合もあります。

しかしほとんどの私立大学では、休学中も学費を納めないといけないんです。

数万円~全額まで、大学によって収める学費は大きく異なります。

私が抱いている相場観としては、「学費の半額程度」ですかね。

友達関係がギクシャクしがち

もし大学で友達ができてから休学をすると…

休学理由を正直に言う・言わないにかかわらず、ちょっと気まずい感じになってしまいますよね。

また入学直後から休学する場合、復学する時は友達がゼロの状態です。

これは人によってはかなりキツイかもしれないですね…。

仮面浪人中休学するメリットを強いて挙げるをすると…

じゃあ、仮面浪人中に休学するメリットを強いて挙げるとしたらどんなものがあるのでしょうか?

デメリットと比べると微々たるものだけど…。一応紹介しておくね。

勉強時間を確保できる

まぁ、休学する理由としてはこれが主でしょう。

普通に大学に通っていると、授業や課題、友達からの誘いなどで思ったように勉強時間が取れませんから。

でも、メリットらしいメリットはこれくらい

後に上げるのはおまけ程度のものですね。

授業料が減額される

先ほども書きましたが、休学中の学費は減額される可能性があります。

しかし、どの程度減額されるのかは大学次第

真面目に通う場合と同じくらいの金額を納めないといけない場合だってありますよ。

そしてもし仮面浪人に失敗してしまった場合、意味もなく休学費用を払って、最悪留年ということもあり得るのでご注意を。

学割が使える

休学中でも一応学生なので、学割を使うことができます。

でも仮面浪人が学割を使う場面って…?

映画などは見に行かないでしょうし、遠くの大学に受験しに行く時くらいでしょうか?

こんな風に、メリットとデメリットを比べるとデメリットの方が圧倒的に大きいです。

そういう訳で私は、仮面浪人中の休学はおすすめしません。

そもそも仮面浪人は休学理由として認められないことが多い

通っている大学によるので各自確認してほしいのですが…

そもそも仮面浪人を理由に休学することは不可能な場合が多いです。

一般的に休学の理由として認められるのはこんな感じです。

  • 病気やケガ
  • 経済的な理由
  • 留学

そして休学する際には学科長や大学職員と面談をしないといけないことも。

ちょっと面倒くさいので、本気で休学をしようとしている人は覚悟が必要かもです。

もし休学するなら後期が無難?

それでももし休学して受験勉強に取り組みたいというのなら…

後期だけ休学するのがおすすめです。

入学直後に休学すると仮面浪人に失敗してしまった場合、途中から友達を作るのに苦労するかもしれません。

後期だけの休学でも、通年の単位を諦めることになってしまったり、友達との関係が微妙になってしまったりとデメリットは多いですよ。

でもできるだけリスクを減らすためには後期だけの休学かな?と思っています。

そうする場合、前期にできるだけ必要な単位を取ってしまうようにしましょう。

進級するのに通年の単位が必要なこともあるよ。その場合休学は実質不可能。通っている大学のルールをよく確認しようね。

まとめ:仮面浪人中の休学はおすすめしない

まとめ
  • 仮面浪人中の休学は筆者的にはナシ
  • 留年や友人関係のリスクの方が大きすぎる
  • 《休学→仮面浪人失敗→留年》は何が何でも避けよう
  • そもそも仮面浪人では休学が認められない場合も
  • もしどうしても休学したいのであれば後期がオススメ

今回は仮面浪人中に休学することについて解説していきました。

繰り返しになりますが、筆者的には休学はおすすめしません。

仮面浪人に失敗した時のリスクが半端ないです。

仮面浪人はリスクの少ないと言われている浪人方法です。

しかし休学をすることによって留年リスクが高まり、失敗してしまった時により悲惨になってしまいます

だったら素直に浪人してしまった方が潔いよね、

以上が筆者の主張ですが、どの道を選ぶのかはあなた次第です。

なによりあなたの仮面浪人が成功することを祈っています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です