スタディサプリ

スタディサプリの通信量や必要なギガ数は?データ量を抑えて利用するための工夫も

スタディサプリの動画講義を見ると、どれくらいの通信量を使うんだろう?通信制限に引っ掛かってしまうかな?

スタディサプリはいつでもどこでも予備校講師の神授業が見放題と、とても魅力的なサービスですよね。

でも実際問題、Wi-Fi環境以外で動画を見ると通信量がかかってしまいます

すぐに通信制限に引っ掛かってしまうようだと、ちょっとストレスになってしまいますよね…。

外で勉強できると思っていたのに、実際はデータ量を気にしてあまり使えないのでは嫌だよね。

というわけでこの記事では、スタディサプリの動画を見る際に使う通信量はどれくらいなのか?ということを解説していきます。

また、データ量を抑えてスタディサプリの動画を見る工夫も一緒に紹介していきますね。

スタディサプリの通信量や必要なギガ数は?

スタディサプリの動画を再生するために必要な通信量はどれくらいなのでしょうか?

実際のデータ量を参照しながら解説していきますね。

通信量は画質によって大きく変わる

まず初めに覚えておきたいことは、スタディサプリで動画を見る際に《画質》を設定できるということ。

  • 高画質
  • 標準画質
  • 低画質

設定によってこの3つの画質に切り替えることができます。

ここで、動画を5分再生する時に使うデータ通信量を比べてみましょう。

5分間再生する時の通信量
  • 高画質 : 57MB
  • 標準画質 : 18MB
  • 低画質 : 10MB

このように低画質と高画質を比較すると6倍もの差が出てしまいますので、できるだけ低画質で見ることをおすすめします。

低画質だと講師の動きはちょっと見にくくなりますが、板書の文字は良く見えます。

なのでスタディサプリの動画を見る際は低画質で十分ですよ。

画質設定の方法はこの後紹介していくね。

ギガ数と視聴可能時間の関係

低画質で見ればいいってのは分かったけど、使うデータ量はイマイチピンとこないなぁ…。

こんな人のために、ギガ数とスタディサプリの動画の視聴時間の関係をまとめていきますね。

ここでは全て低画質で見ると仮定します。

1か月30日、毎日同じだけスタディサプリを使うとしたら、1日に動画を視聴できる時間はこんな感じです↓

ギガ数低画質での視聴可能時間1日当たりの視聴可能時間
1GB500分(8時間20分)16分
2GB1000分(16時間40分)32分
3GB1500分(25時間00分)48分
4GB2000分(33時間20分)64分
5GB2500分(41時間40分)80分

動画や環境によっても必要なデータ量は変わりますが、低画質にしておけば意外と沢山動画を見れるようですね

とはいえLINEやYouTubeなど他のところでもギガ数は消費しますから、ちょっと余裕を見ておいた方が良いです。

スタディサプリの動画の画質を設定する方法

では、スタディサプリのアプリで画質を変更する方法を紹介していきますね。

と言ってもすごく簡単です。

お目当ての動画のページに行ったら、動画の左下あたりから設定を変えるだけ。

スタディサプリの画質の設定方法。低画質にしてデータ通信量を節約しよう。

はじめは【標準画質】となっていますので、【低画質】に変更しましょう。

一度この設定をすれば、次の動画からはずっと【低画質】で再生されますよ。

スタディサプリはWi-Fiの利用がおすすめ!

という訳で、スタディサプリを利用すると通信量が発生してしまいます。

でも、Wi-Fi環境があれば通信量など気にせずに好きなだけスタディサプリの動画を見ることができますね

ここでちょっと、Wi-Fiを使ってデータ通信量を節約する方法を紹介していきますね。

Wi-Fi環境でダウンロードしておいてオフラインで再生することもできる

せっかくいつでもどこでも動画講義が見れると思ったのに、外で使う時間が制限されるのはなぁ…

こんな風に思った人もいるのではないですか?

実はちょっとした裏技があって…

アプリにダウンロードしておいて、あとでオフラインで再生するということもできるんです!

家のWi-Fiであらかじめダウンロードしておけば、外でもデータ通信量を消費することなくスタディサプリの動画を見ることができます

これなら外出先でも安心しですね。

ダウンロードのやり方に関してはまた別の記事でまとめています。

家にWi-Fiがない人はどうしたらいい?

うちにはWi-Fi環境はないや…どうすればいいんだ…。

こんな人もいるでしょう。

では家にWi-Fi環境がない人はどうしたらいいのでしょうか?

公共のWi-Fiを使う

実は公共のWi-Fiというのは結構あるんですよ。

  • マクドナルドなどのファストフード店
  • ドトールやスタバなどのカフェ
  • ファミレス
  • 地下鉄
  • バス
  • 都道府県や自治体が提供しているもの

などなど、調べると結構出てきますよ。

こういった公共のWi-Fiを利用して動画をダウンロードするのも良いですね。

ただし、こういった公共Wi-Fiを使う場合はクレジットカード番号やパスワード入力などはできるだけ避けるようにしましょう

信頼のあるサイトや身元のはっきりしているWi-Fiだけを使い、必要最低限だけ使うのをおすすめします。

友達の家のWi-Fiを借りる

また、友人の家にWi-Fiがあるのなら利用させてもらうのも手ですね。

もちろんお礼は用意しましょう。笑

基本的にはWi-Fiは月額定額で使い放題です。

しかしモバイルWi-Fiを使っている場合は通信制限が来てしまうなどもありますので、無理にはお願いしない方がいいかも…。

動画のダウンロードはアプリ版でしかできないので注意!

そして一つ注意があるのですが…

スタディサプリの動画をダウンロードできるのは、アプリ版のみです。

PC版やwebブラウザを使うものではダウンロードはできません。

必ず事前にアプリをダウンロードしておくようにしましょう。

まとめ:スタディサプリはWi-Fiを使えばデータ通信量を気にしなくてOK

まとめ
  • スタディサプリの動画の視聴は《低画質》がおすすめ
  • 低画質の場合、1GB=500分と覚えておこう
  • できるだけWi-Fi環境で使うようにしよう
  • Wi-Fiでダウンロードして、オフラインで再生することもできる
  • 公共のWi-Fiを使うときには重要な情報を送信しないように注意

今回はスタディサプリの動画を見る際に使うデータ通信量について紹介していきました。

普通に4G回線で使っていても結構視聴できる印象ですね。

でも、やっぱりWi-Fiを使った方が何のストレスもなく視聴することができます。

家や公共のWi-Fiを上手に使っていきましょうね

この記事があなたのお役に立てたなら幸いです!

小学生・中学生はこちら

高校生・大学受験生はこちら

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です