受験

オープンキャンパスに行く意味って?行かないとどうなるの?

オープンキャンパスって行く意味あるのかな?めんどうだし、行くくらいなら勉強していたいよ!

こんな風に、オープンキャンパスを面倒に感じている人も多いですよね。

実際に私が教えている生徒でも、行くべきか迷っている人は多いんですよね…。

オープンキャンパスに時間を取られるくらいなら勉強したいという気持ちも分かるけど…オープンキャンパスに行かないことのデメリットは大きいって知ってた?

この記事では、オープンキャンパスに行く意味について解説していきます。

「もし行かなかったらどうなるんだろう…」と悩んでいる人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

オープンキャンパスに行く意味って?

結論から言うとオープンキャンパスの参加は必須ではありません。

でも、特別な理由がない限り行くことをおすすめします。

ここではその理由を詳しくまとめていきますね。

オープンキャンパスに行くと良いことが多いよ!

オープンキャンパスに行かないと見えてこないことも沢山

今の時代、大学のホームページやパンフレットから大学の基本的な情報を仕入れることができてしまいますよね。

でも、直接大学に訪れないと分からないことも沢山あるんです。

たとえばこんなことが挙げられます。

  • 学ぶことのできる詳しい内容
  • 研究内容
  • キャンパスの雰囲気
  • 通いやすさ
  • 教授との距離感

特に「学ぶことのできる詳しい内容」はよく確認しておきましょう!

同じ学部・学科名でも、大学によって専門分野や研究設備などが異なります。

自分の勉強したいことが学べるのかどうか、実際にオープンキャンパスに行って確認するようにしましょう。

学部・学科名だけで判断しないことがポイントですよ。

また通いやすさについても要確認です。

駅から校門までは近くても、キャンパス内を長時間歩く必要があったり、坂が多かったり、乗り換えが不便など…

これらは入試本番の前に確かめておいた方が良いですね。

これ以外でも、学校の雰囲気などは実際に行ってみないと分からないことが多いですよ。

モチベーションがアップできる

憧れの大学に行くと、

絶対にここに合格できるように頑張るぞ!

ってやる気が湧いてきませんか?

大学に行ってみて、実際に先輩たちと話したりするとかなりやる気が湧いてきます。

私も現役時代はモチベーション維持のために第一志望の大学に何度も通っていたよ。

オープンキャンパスで過去問や願書などの配布もある

オープンキャンパスでは、過去問や願書などの書類を配布しているのはご存知ですか?

市販されている赤本を無料で配ってくれる大学すらあるんです!

もちろんすべての大学が配っているわけではありませんが、これだけでもわざわざお金と時間をかけてオープンキャンパスに行く意味はありますよね。

ちなみに願書の取り寄せが有料になってしまう大学もありますよ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

オープンキャンパスではタメになるイベントも沢山

オープンキャンパスは、学科説明会やキャンパスツアーがメインだと思っていませんか?

他にも役立つイベントが開催されているんですよ。

たとえば…

  • 個別相談会
  • 予備校講師による過去問解説
  • 体験授業
  • 学食の試食

などなど。

個別相談会は入試のことお金のことなど様々なことを質問することができます。

また学食も無料・または割引料金で食べられることもありますよ。

オープンキャンパスなんてめんどくさい…って思うかもしれないけど、勉強の合間の気分転換としてもおすすめだよ。モチベーションを上げて、さらに勉強に精を出せると良いね。

オープンキャンパスに行かないとどうなる?

とは言っても、勉強しないで外出するなんてとてもできないよ…!

じゃあ逆に、オープンキャンパスに行かないとどのようなことが起こるのでしょうか?

ここではオープンキャンパスに行かないことのデメリットを紹介しますね。

推薦入試・AO入試を受ける人は圧倒的に不利になる

各種推薦入試やAO入試を受ける人は、オープンキャンパスに行かないと圧倒的に不利になります。

というのは…

オープンキャンパスに来たことはありますか?その時の印象を教えてください。

面接でこんな風に聞かれる場合もありますよ。

来たことはありません…」なんて答えたら、印象は良くないですもんね…

オープンキャンパスに行った回数というのは、その人の本気度を知るための尺度にもなります。

オープンキャンパスに参加した回数で合否が決まるわけではありませんが、チェックされやすい項目ではありますよ。

それに面接や志望理由書で話せるネタも限られてしまうことも問題です。

パンフレットから切り貼りしたような情報なら誰にでも言えてしまいます。

しっかり自分の目で大学の様子を確認するようにしましょう。

一部の大学では受験資格がなくなってしまう場合も

もちろん推薦入試や一般入試の話ですが、オープンキャンパスに参加しないと出願の資格がなくなってしまうことさえあるんです。

「オープンキャンパスに来たことがない=あまり大学に関心がない」と捉えられても仕方ありませんからね…

オープンキャンパスの参加が義務なのかどうかは、パンフレットや募集要項などで確認をしておきたいですね。

入学してから想像と違うことに気づく

一番怖いのはこれですね。

せっかく合格した大学でも、入学してから「なんか違う…」ってなってしまったら、今までかけてきたお金や労力が無駄になってしまいます。

入学してからじゃないと分からないこともありますが、実際に大学に行ってみたら分かることも多いです。

4年間通う大学です。

このようなことになる確率を下げるためにも、事前の確認をしっかりしましょう。

自分の目で見ずに何百万円もの買い物をする人、いないよね?大学も同じだよ。

結論:どうしても行けない人以外はオープンキャンパスに行くべき!

まとめ
  • オープンキャンパスはわざわざ時間を取っても行く価値はある
  • 推薦入試やAO入試を受ける人は、絶対に参加すること!
  • 何よりモチベーションがアップする!

今回はオープンキャンパスに行く意味と、行かないとどうなるのかをお伝えしていきました。

推薦入試やAO入試を受ける人はオープンキャンパスの参加は絶対です。

そして、一般入試を受ける人でもできる限りオープンキャンパスに行くことをおすすめします。

併願校のオープンキャンパスにも、できる限り足を運んでくださいね。

でも受験する大学はまだ決まってないし…どこのオープンキャンパスに行けばいいんだろう?

こんな人は、気になっている大学のパンフレットをかたっぱしから取り寄せてみるといいですよ。

パンフレットを見て気になる大学だけオープンキャンパスに行くようにすると効率が良いです。

オススメはマイナビ進学のような無料でパンフレットを一括請求できるサイト。

短大や専門学校を30校まで無料で取り寄せることができます

滑り止め校になり得る学校もたくさん資料請求もしておくのがおすすめです。

受験直前はオープンキャンパスに行くのが難しいだろうから…早めに情報を集めて、早い時期にオープンキャンパスに行くようにしよう!

気になる大学・短大・専門学校のパンフを一括請求

30校まで無料!

オープンキャンパスについてのいろんな疑問についてまとめたページはこちらになります。

とても長い記事なので、目次から必要な部分に飛んでくださいね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です