受験

宅浪に失敗してしまう人の特徴とは?失敗を避けるためにはスケジュール管理が必須!

宅浪をすると覚悟を決めたなら、
塾や予備校に通う浪人生と比べて圧倒的な勉強時間が必要です。

塾や予備校では、受験で使う「テクニック」を教えてもらいます。
でも、宅浪の人はこういったテクニックを直接教えてもらうことはできませんよね。

これは大きなハンデです。
その分の差は、勉強時間の多さで埋めていくしかありません。

そのために必要なのは、
「圧倒的な勉強時間」、そして「効率の良い勉強方法」。

この2つがマッチしていれば、
塾や予備校に通う浪人生とも互角に戦っていけるでしょう。

今回は宅浪が他の浪人生と戦っていくために必要な心構えをまとめました。
絶対に宅浪に失敗しないために、今すぐにできることに全力で取り組みましょうね!

宅浪に失敗する人の特徴とは?

まずは、どんな人が宅浪に失敗しやすいのかを確認していきましょう。
次に挙げる項目に当てはまらないように、自分の日々の行動を見直していきましょうね。

自分の勉強方法に固執している

「このやり方で勉強していけば、絶対に合格できる」
と盲目的になっていませんか?

もちろん、色々な勉強法に手を出さずに、
1つの勉強方法を継続的に行ったほうが、結果は出やすいです。

どの勉強方法が合うのかというのは、ある程度やってみないと分からないものでもあります。

でも、1つの勉強方法に固執しすぎるのは危険です
結果的に遠回りになってしまったり、
基本的な能力アップにはなっても、受験本番の問題を解くための力が養われないこともあります。

一度思考をリセットして、

  • 他にも良い勉強方法はないか?
  • 皆はどのような教材を使っているんだろう?

などと視野を広げてみることをおすすめします。

危機感が足りない

受験までまだ時間があると思っている

これ、浪人生にはよくあるパターンなんです。
浪人をすれば、「猶予が1年間伸びる」と思っていませんか?

こんな心構えでいては、宅浪失敗は目に見えていますよ。

ここでサボってしまっては、学力の伸びが止まってしまうだけではありません。
全く勉強をしない日があれば学力低下にもつながってしまいます。

何より怖いのは、恐るべき勢いで成長している現役生です。
余裕をかましてばかりいては、あっという間に現役生に抜かされてしまいます。

そして塾や予備校に通う浪人生も、日々成長しているんですよ。

宅浪を選択した時点で、余裕なんてありません。

周りが勉強していないからまだいいや、と思っている

仮に浪人友達を見つけたとしても、
「勉強してますアピール」なんてするはずがありませんよね。

そして、そもそも浪人している人口は大学進学をした人と比べると少数派。
今までは友達は大体受験生だったので、SNSなどで勉強成果について投稿をしていました。
でも、春にはその投稿もぱったりなくなってしまいます。

「周りが勉強していないとやる気が出ない」という人は、間違いなく塾や予備校に通った方がいいです。

自分の管理ができていない

勉強するぞ!と意気込んでいても、ダラダラしてしまって気づいたら夜…
なんて経験もありますよね。

宅浪をしている人にとっては、これは命取り!
「自分の管理ができない」と自覚している人も、塾や予備校で誰かに管理してもらったほうがいいです。

合格までの勉強計画の立て方が分からない

毎日勉強時間をしっかり取れる人でも、
「どの教材を、いつまでに終わらせればいいのか分からない」
のであれば、濃い勉強をすることはできません。

机の上に積みあがった参考書をこなすことももちろん大切ですが、
もっと長期的な視点で勉強計画を立てていく必要がありますよ。

宅浪に失敗しないためのスケジュールの組み方とは?

では実際に、1日のスケジュールの立て方について解説をしていきます。
次に挙げるポイントを押さえて、基本のスケジュールを立てていってくださいね。

朝の時間を活用する

「朝を制する者は一日を制する」
という言葉があるように、
朝の時間を有効活用することはとっても重要!
一日の中で最も集中できる時間帯でもあります。

もしなにか出かける用事があるのなら、
朝にすこし勉強をしてから出かけるようにしてみて下さい。

私は朝ご飯の前に、前日暗記をしたことが定着しているかどうかの確認をしていました。

朝勉強したほうがいい科目というものもあるんですよ。
詳しくはこちらの記事でまとめています。

生活リズムを徹底して守る

宅浪は特に、叱ってくれる人なんていません。
自分で自分を律していく必要があります。
そのために、基本の生活スケジュールを作ってそれを徹底して守りましょう。

生活スケジュールを決める時の注意点は以下の通りです。

  • 起きる時間を一定にする
  • 勉強ノルマは重すぎないものにする
  • 夜更かししない

基本の生活リズムが決まれば、後は細かな修正を重ねていくだけです。

理想的な1日のスケジュールはこちら

勉強時間って、実際いくらあっても足りないんですよね。

睡眠時間も休憩時間もある程度確保しつつ、
最大限の勉強時間を確保しているスケジュールはこちらで解説しています。

勉強計画はどうやって組む?

基本の勉強計画の組み方をおさえよう

宅浪とはいえ、基本の勉強スケジュールの組み方は他の学年と変わりません。

ポイントは、
長期目標→短期目標
の順に落とし込んでいくこと。

まずは長期的な視点で、
「いつまでに、どのテキストを終わらせる?」
「それが終わったら次はどのように勉強をする?」
「入試の過去問はいつから解く?」
このようなことを決めましょう。

そして、その週にやるべきことに落とし込んでいきます。

こちらのページでは勉強計画の立て方について細かくまとめていますので、
併せてご覧ください。

ゴールから逆算する

「とりあえず、この問題集をやろう」
と行きあたりばったりで勉強を進めてしまう人は多いんですよね。

勉強計画を立てる上で必要なことは、
「大学に合格するためにどの力を伸ばすのか」
をしっかり見定めること。
宅浪は先生がいない分、自分でこういった分析をしないといけません。

このために必要不可欠なのが、
各大学の過去問を徹底的に研究すること

「過去問は受験直前期まで取っておきたい」
と考える人も多いかと思いますが、
赤本の「出題傾向」の部分を熟読したり、
ある程度どんな問題が出ているのかくらいは早い段階でチェックしておきましょう。

模試の結果帳票を活用する

”伸ばすべき力”を知るためには、模試の結果帳票を利用するのが手っ取り早いです。
模試の結果が返ってきたら、志望校判定と偏差値しか確認しない人は多いんですよね。

でも、模試の結果帳票にはもっと大切な情報がいっぱい!
せっかく模試を受けたのだから、余すことなく活用しましょう。

宅浪失敗を避けるために、時には人に頼ることも必要

母校の高校の先生や、自分の志望校よりも上の大学に進学した友達にアドバイスをもらうのも良いですよ。

特に教材選びは勉強の方針を決める上でもとても重要。
どんな教材がいいのかアドバイスをもらうだけで、勉強効率が大幅に改善することだってあります

また、宅浪にこだわりすぎないで、塾や予備校に通うという選択肢も視野に入れると良いでしょう。

もし塾に通うのだとしたら、個別指導塾がおすすめ。
私自身が個別指導塾出身ということもあり、ちょっと贔屓は入っていますが…

限られた時間のなかで最大限のパフォーマンスを発揮したいのであれば、
集団よりも断然個別指導です。

また、こちらのインターネット家庭教師サービスならば、

  • 手持ちのテキスト対応可
  • 短期指導可
  • 質問OK

と至れり尽くせりです。

インターネット家庭教師Netty

そんなことも対応してくれるの?
ってくらい、出血大サービスでちょっとびっくりします。

詳しくはこちらのページでもまとめています。

宅浪に必要なのは、時間・スケジュール管理力

今回は、宅浪を失敗しないために必要な心構えや、
実際の勉強スケジュールの立て方なんかをご紹介していきましたが、いかがでしたか?

宅浪は本当に孤独です。
「このテキストを使って、このように勉強してね」
なんて指導してくれる先生もいないので、
勉強カリキュラムをしっかりと立てていく必要があります

そしていくらサボっても、勉強が進んでいなくても、怒ってくれる人はいません。
宅浪こそ、「自分自身を奮い立たせて、いかにして勉強時間を捻出していくか」が大きなポイントになってきます。

宅浪は他の浪人生と比べてとても厳しい戦いになるのは必須。

決して一人よがりにならずに、時には人に頼ることを忘れないで下さいね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です