家庭学習

いかにして勉強時間を確保するか【鬼スケジュール】

受験生の永遠のテーマである、勉強時間の確保。
私の最高記録は、大学受験の直前期で1日13時間でした。
友人で年明けから1日15時間毎日勉強したという女の子もいました。
その子は相当睡眠時間を削ったようで、お肌は荒れ放題、会うたびにクマがひどくなっていました…

ここではなるべく睡眠時間を確保しながら、勉強時間を確保するアイデアをまとめていきます。
大学受験生用にかなり厳しく書いていきますが、高校受験をされる方もよかったら参考にしてくださいね。

できる限り勉強時間を確保するために必要な、心構えと準備

規則正しい生活リズム

週に1回20時間勉強するよりも、1日8時間を継続して毎日行ってください。
疲れを次の日に残さないように心掛けることが大切です。
体調を崩してしまっては元も子もありませんからね。

睡眠は一番大切です。
必要な睡眠時間は人によって違うかと思いますので、自分の最適な睡眠時間を見つけてまず先に確保しておきましょう。
「0時~6時は必ず寝る」など決めて、この時間帯だけは必ず寝るようにしましょう。

勉強の妨げとなるものを排除

具体的には、テレビやスマートフォン、漫画や雑誌、趣味のものなどです。
テレビは一切見ないでください。
誘惑になるものは受験が終わるまで隠しておいてください。
携帯電話は休憩時間以外は電源を切っておくのがベターです。

家族に協力を要請しましょう

毎日の生活に関わることですので、家族の協力は不可欠です。

  • ご飯の時間を毎日同じくらいにしてもらう
  • 音楽はヘッドフォンで聞いてもらう
  • お風呂の優先順位を上げてもらう

など…
少し言いづらいかもしれませんが、ここはしっかりリクエストしてみましょう!
家族もできる限り協力したいと思っているはずです!

他にも集中力を高めるためにできる工夫がありますよ。
詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。

ステップ1 基本の時間割を決める

私の現役時代の勉強時間はこんな感じ

学校がある日

5:00起床
5:00~6:00朝ごはん、身支度←スキマ時間!
6:00~7:00通学←スキマ時間!
7:15~8:15早朝講座(自習会)
9:00~13:00授業、昼休み
13:00~15:00学校の図書館で勉強
15:00~16:00移動←スキマ時間!
16:00~19:00勉強
19:00~21:00晩ご飯、お風呂など←スキマ時間!
21:00~0:00勉強
0:00就寝

学校がない日

6:00起床
6:00~7:00 朝ごはん、身支度 ←スキマ時間!
7:00~12:00勉強
12:00~13:00お昼ご飯
13:00~15:30勉強
15:30~16:00休憩
16:00~19:00勉強
19:00~21:00晩ご飯、お風呂など←スキマ時間!
21:00~0:00勉強
0:00就寝

とこんな感じで、学校がある日で9時間、学校がない日で13.5時間でした。

もちろんこれは基本のスケジュールで、毎日できた訳ではありません!笑
週に1回は学校の午後の選択授業を取っていましたし、疲れてできない日もあります。

眠い時は15分くらいの仮眠をとることが多かったので、
実際は、学校がある日で8時間、学校がない日で12時間くらいでしょうか。

家族にお風呂をとられて、予定が狂うこともよくありました。
それでも、計算上はこんなに勉強時間を確保することができるんです。

そしてさらに注目したいのが、スキマ時間。
細切れの時間が発生してしまうので、この時間も有効に活用したいですね。
塵も積もれば山となる、ですよ!

基本の予定を立てる際の注意点

勉強スケジュールを作る際に、必ず守ってほしいことがあります。
それは…

  • 睡眠、休憩時間をしっかり入れること
  • 朝型の生活リズムにすること
  • 平日と極端に差を作らない

この3点です。
また、週に1回は半日フリーにするなどして、ストレスを溜めないようにしましょう。

勉強計画もしっかり立てよう

勉強スケジュールはしっかり決めることができても、その時間机に向かってぼーっとしてては無意味!
勉強する内容まで決めておく必要があります。
勉強計画ってめんどくさいかもしれませんが…
どんなことも全体像を見渡して、目標に届くように具体的な行動に落とし込んでいく必要がありますよ。
くわしい勉強計画の立て方はこちらの記事をご覧くださいね。

ステップ2 さらに多くの勉強時間を確保する

ポイントはスキマ時間の使い方

電車の移動中、ご飯を待っている間、信号待ちの間など、日常にはスキマ時間がたくさん!
暗記ノートや単語帳をいつでも手に持っていれば、時間が無駄になりませんね。
暗記ノートはこちらの記事でもご紹介しています。

電車での移動中も無駄にしない

電車の中ももちろん勉強です。
スキマ時間もフル活用して勉強しましょう。
満員電車では、単語帳や暗記ノートなど、片手で持てるもので勉強するといいですね。

今は勉強できるアプリもたくさんあるのでいいですよね!

自転車通学の友達は、自転車で15分の距離にも関わらず受験期だけはバス通学でした。
なぜなら、自転車だと勉強できないから。
自転車に乗っている15分くらいは頭を休ませてもいいような気がしますが…尊敬です。

私は自転車に乗っている間、暗記ノートに書いてある英単語や暗記事項を思い浮かべていました。
何もしていない時間が怖くて仕方なかったので…。

注意散漫になるので、皆さんは安全運転を心がけてください!!

朝の支度は手早く行う

寝起きにぐずぐずするのはもったいない!
まずは顔を洗い、水など飲んですっきり目覚めましょう。

私のオススメは白湯を飲むこと。
寝ている間は体温が低いので、覚醒状態に導いてくれます。
美容にもいいと聞いたので今でも毎日続けていますが、気持ちもキリッとしますよ。

ご飯中(良い子はマネしちゃいけません。)

そしてご飯の間も、私は勉強に費やしていました。

かなりお行儀が悪いのであまりマネしないでほしいのですが…
私は単語帳を見ながら食べてました。
家族はテレビを見ているので、耳栓かイヤホンもしていました。
テレビって一度見てしまうと続きが気になってしまうんですよね…

今思い返してみると、家族は嫌な気持ちだったでしょうね。笑

学校の予習、課題は学校で終わらせる

受験期になってくると、学校の勉強が邪魔になってくることもありますね。
かといって無視もできないので…学校で終わらせてしまいましょう。
私は学校の図書館で予習と課題を終わらせて、教科書など全部置いて帰りました。
少しでも鞄を軽くするためです。

受験期は肩こりも酷かったので、いかに荷物を減らすかも課題でした。
『学校の事は学校で』と決めてしまって、気持ちを分散させないようにしましょう。

やる気・モチベーションをキープするために

目標を設定する

目標がなく、ただただ勉強をするなんてできませんよね。
高すぎる目標も低すぎる目標も、モチベーションをキープするのにはよくありません。
一度こちらの記事に目を通して、正しい目標設定のやり方を確認しておくといいですよ。

リフレッシュする時間もしっかり確保。

たまに友達と出かけたり、気分転換をすることも大事。
オープンキャンパスなど、入試のための外せない用事もありますよね。
そういう時はいらいら、そわそわしないで、割り切って楽しみましょう!
むしろ、
「リフレッシュするために勉強しているんだ!」
と開き直ってしまってもいいです。

勉強時間を無理なく確保して、志望校合格にむけて頑張ろう!

受験生はアスリートだと思っています。(生徒に話すと笑われますが。)
いかに勉強に時間を費やし、効率よく勉強する方法を考えて実行できるか。
そして適切に休息を入れられるかどうか。

効率の良い勉強の仕方は、人それぞれ。
人の意見も適度に参考にしながら、
ストレスを溜めないで、
なおかつ出来るだけたくさんの時間を勉強に割けるような工夫をしていきましょう。

みなさん、悔いのない受験を!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です