英検

英検の合格証明書は再発行できる?料金や申し込み方法を解説

やばい…。英検の合格証明書を紛失してしまった…。

受験や就活・転職などの際に必要となるのが、資格の証明書。

特に英検は学生から大人まで多くの人が受験している人気の資格ですが、受験したのが結構前だと合格証明書も行方不明になることも…。

今回は英検の合格証明書の再発行手続きについて解説していきます!

料金や申し込み方法なども詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

英検の合格証明書は再発行できる?

英検の合格証明書って再発行できるのかな?

和文・英文ともに再発行できる!

英検の合格証明書には和文・英文のバージョンがありますが、どちらも再発行することができますよ!

英検に合格したときに、和文と英文のの合格証明書が1通づつ送られてくるはずです。

「どちらも手元にない!」って人は今回ご紹介する方法で再発行してもらいましょう。

ただし、合格証書は再発行できないので注意

合格証明書と名前が似ていてややこしいですが、「合格証書」は賞状・カード型の物。

合格証書は合格した時に合格証明書と一緒に送ってきてくれるのですが…

合格証書(賞状)については、再発行が一切できないんです!

とはいっても、学校や会社に提出する機会はないかと思いますので、あまり実害はないかもですね。

英検CSEスコア証明書も同じ手順で再発行可能!

2014年以降に受験したものについては、合格証明書に「英検CSEスコア」も一緒に記載されます。

これとは別に英検CSEスコア証明書を欲しい場合は、新しく発行してもらう必要がありますよ。

英検CSEスコア証明書合格証明書の再発行の手続きとほぼ同じ手順でできます!

現在、一部の大学で英検CSEスコアを用いた入試が行われています。

これらの大学を受ける時に必ず必要になってきますが…大学によって用意する証明書は微妙に変わってきます。

各大学の募集要項を見て、どの書類が必要なのかを確認しましょうね。

英検CSEスコアは2014年から導入されたものなので、それ以前に受験した人にはスコア証明書はもらえないので注意!

英検CSEスコアについて詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

合格証明書の再発行に必要な料金や期間は?

早速再発行をお願いしよう。でも、お金や期間はどれくらいかかるのかな?

手数料は1,100円+希望者のみ速達280円

合格証明書再発行のための手数料が意外と高くて、1,100円してしまいます…。

これには送料と消費税が含まれています。

「とっても急いでいるから早く送ってほしい!」という人は、速達で送ってもらうようにしましょう。

速達希望の場合、280円分の切手を同封します。

ただし、速達を希望したからと言って優先して再発行業務をしてくれるというわけではありません!

あくまで受付順で再発行してくれるということを忘れないでください。

また、これは2019年時点での料金なので、最新の料金を確認するようにしてくださいね。

再発行にかかる期間は1週間~10日

合格証明書の再発行にかかる期間は、通常だと1週間~10日かかります。

郵送で申請するとタイムラグがあるため、もう少し余裕を持って申請したほうが良さそうです。

そして注意したいのが、大型連休や年末年始。

再発行に関わる業務が完全にストップになってしまいます。

また11月~1月は再発行手続きが混み合うとのこと。

この期間についてももっと余裕を持って申請をしましょう!

学生に特に気を付けてほしいのは、11月~1月の期間。大学入試の出願のためにみんな再発行したい時期だよね。 お正月も挟むから、早め早めを心がけよう!

英検の合格証明書、再発行の手続き方法

それでは合格証明書の再発行手順についてご紹介していきます。

過去2年分ならWEBからの申し込みが簡単

一番おすすめなのはWEBでの申し込み。

家から簡単にできますし、郵送と違ってタイムラグもないので気持ち早く合格証明書が届きます。

ただ…。

WEBでの申し込みは、過去2年以内に受験した試験のみ対応なんです!

それ以前のものについては、郵送での申し込みが必要になります。

郵送なら何年分でも遡って請求できる

郵送の場合は、何年分でも遡って再発行してもらうことができるんです。

中には30年前の合格証明書を再発行してもらった人もいるとか…。

それでは具体的に、再発行の申し込み方法について説明していきますね!

WEBでの申し込みの方法

WEBでの申し込み方法は以下の通りです。

  1. 受験者用ログインサービスにログイン
  2. 「合否結果閲覧/証明書再発行」の画面に進む
  3. 必要事項を記入する
  4. 指定の支払い方法で1,100円をお支払い

これだけのステップで再発行の申請は完了です。

「受験者用ログインサービス」に入るためには、英検IDとパスワードが必要です。

英検IDとパスワードは、個人成績表や受験票・本人確認票に記載されています。

これらのいずれかが残っていれば確認できますが…もし何一つ残っていないのであれば郵送で再発行をお願いしましょう。

再発行の手数料の支払いは、クレジットカード・コンビニ払いから選ぶことができますよ。

支払いが確認されてから再発行の作業が始まるので、急ぎの人はクレジットカードで支払うか、即コンビニに行って支払いをしましょう!

郵送での申し込み方法

郵送での申し込みは、以下に挙げるものを封筒に入れて現金書留で郵送します。

  • ダウンロードした申し込み用紙
  • 身分証明書の写し
  • 現金1,100円
  • 速達を希望する人のみ280円分の切手

申し込み用紙は英検公式サイトからダウンロードできますよ。

こちらのページの「郵送でのお申込み」→「実用英語技能検定合格証明書申込用紙」に進んでくださいね。

PDF内に詳しい申し込み方法や注意事項が記載されているのでよく読んでおきましょう!

また身分証明書は、これらのうちのいずれかが使えます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 学生証
  • 生徒手帳
  • 社員証
  • マイナンバーカード

名刺や会員カード類・マイナンバー通知カードなどは身分証明書として認められません!

もし、申し込み用紙をダウンロードできる環境ではない!という人は、メモ用紙などの適当な紙にこれらのことを記入して同封してください。

  • 英文・和文の種類
  • 希望枚数
  • 検定合格の年度・回次
  • 個人番号
  • 現住所と合格時の住所
  • 氏名(ふりがな)
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 速達の希望有無

これで申し込み手続きは完了です。

英検から合格証明書が届くのを待ちましょう!

大学受験・就職試験のために手元に1枚置いておこう

まとめ
  • 英検の合格証明書は再発行可能!
  • ただし、合格証書は再発行できない
  • かかる手数料は1,100円。速達で送ってほしいなら+280円。
  • 普通なら入金完了から1週間~10日で届く
  • 年末年始や連休などは業務がストップするので注意
  • 2年以内の試験についてはWEB申し込みが便利
  • それ以前の試験は郵送で申し込もう

今回は英検の合格証明書の再発行についてまとめました。

合格証明書が再発行可能と言うことが分かれば、落ち着いて対処できますね。

入試や就職試験に間に合うように、くれぐれも早めに再発行の手続きをしましょう!

もし入試や入社試験まで時間があるのなら、ぜひ英検をアップデートしましょう!

昔に取った英検よりも最近取った英検の方が信頼性があります。

どんどん更新して、さらに上の級を目指していきましょう!

参考書での独学以外にも、いろんな勉強法にもいろんな勉強法がありますよ。

対策法をまとめたページも併せてご覧ください。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です