英検

英検の面接練習の方法って?2次試験対策を好きなだけできるサービスも

英検の面接ってどうやって練習したらいいんだろう…?

英検の面接練習って、どうしていいか分からないですよね…

練習しなきゃ!とは思いつつも、結局ぶっつけ本番で挑んでしまう人も多いと聞きます。

でも英語で人と話すなんて普段あまりしないので、面接こそしっかり対策して臨みたいところですよね!

今回はおすすめの英検2次試験(面接)の練習方法をご紹介していきます!

英検の面接練習の方法って?

とにかく音読の練習をする

2級までの面接で必ずあるのが、「音読」ですよね。

その級のレベルに合わせた文章が書いてあるカードが渡され、黙読タイムの後スラスラ読み上げていきます。

この「音読」の部分はしっかり対策していきたいですよね。

だって、一人でもいくらでも練習できるパートじゃないですか。

練習材料も結構何でもよくて、1次試験対策の長文を読み上げていくだけでもOK。

とにかく声に出す練習をしてきましょう。

バーチャル二次試験をチェックしよう

英検の「バーチャル二次試験」をご存知ですか?

英検の公式ホームページから見ることが出来きて、アニメーションで英検二次対策の様子を説明してくれています。

面接の流れやポイントも紹介されているので、必ずチェックしましょう!

級が上がっていくと面接官と世間話をしたり、自己紹介をしたりします。

心の準備ができていないとちょっとキツいかもしれません。

流れが頭に入っているのといないのとでは全然違うよ。指示が少しでも聞き取れないとパニックになってしまいますしね…。

リンク:英検公式サイト「バーチャル二次試験」

そのあと、過去問や予想問題に挑戦しよう

この順番は人によって前後するかもしれませんが、私的にはバーチャル二次試験を見た後に過去問や予想問題に取り組むのがおすすめ。

実際の面接の情景を思い浮かべて練習することが出来ますからね。

英検公式サイトに過去問も掲載されていますので、必ず解きましょう。

もっとたくさん練習したいのなら、市販のテキストで練習することもできますよ。

「英語で話す」練習を積もう

英検の二次試験でチェックしたいのは、「英語を自在に操れるのかどうか」

級が上がるにつれてトピックも難しくなっていきますし、普段英語を話すのに慣れていない人にとってはつらいものになってきますよね。

そのため日常から「英語に触れる」ことが最も重要。

英語で話す環境に身を置くのが一番いいのですが…

普通に学校に通っていたり働いていたら、そんなこと難しいですよね。

テレビの感想を英語で言ったり、目に入ってきた風景を英語で描写するだけでも、やらないより全然マシです。

英検の面接はプロに指導してもらうのが確実

とはいったものの…

自分だけでやる練習って限界があるんですよね。

だって、自分の表現が合っているのか間違っているのかも分からないじゃないですか。

どうせならプロに直接指導してもらうのが一番手っ取り早いです。

英検の1次試験と2次試験の間って1か月しかありませんからね。

時間を有効に使っていきましょう!

プロに教わる利点としては次のようなことが挙げられます

  1. 改善点が具体的に分かる
  2. 使いやすい表現を教えてもらえる
  3. 本番同様の模擬試験で試験慣れすることが出来る

ちょっと具体的に解説していきますね。

①改善点が分かる

テキストや過去問だけでも勉強にはなるのですが…

”自分の表現のどこがダメだったのか”を具体的に分かった方が効率よくレベルを上げていくことが出来ます。

テキストだけの学習ではただの丸暗記になりがち。

面接本番、想定外の質問をされてパニックにならないためにも、「生きた英語」を体に覚えさせるのが良いです。

②使いやすい表現を教えてもらえる

日本人の作るテキストって、良くも悪くも真面目なんですよね。

でも英語を使い慣れている人にとっては堅苦しい表現に聞こえてしまうこともあるのだとか。

文法を意識しすぎて頭でっかちになってしまうこと、あるよね。

私も英会話の先生に、「この表現便利だよ!」とか、「こういうときはこう言ったらいいよ!」って表現をよく教えてもらいます。

目から鱗だったのは、「小難しい言い回しをするより、簡単な単語を使った方が相手にも伝わりやすいよ」とアドバイスをもらったこと。

「確かに!日本語でもそうじゃん!」って刺激を受け、それからはできるだけ簡単な単語・文構成を使うようにしています。

③本番同様の模擬試験で試験慣れすることが出来る

テキストを見て自分一人で勉強するのと、面接官がいるのとでは雰囲気は全く違いますよね。

先ほども書きましたが、級が上がるにつれて面接官とのコミュニケーションの割合も増えていきます。

対人で練習することによって、本番とのギャップは小さくなっていきます。

何より本番の空気感に慣れることが出来るのがいいよね。私は特に緊張しやすいから…

英検2次試験対策を好きなだけできるサービスもある

英検2次試験対策のできるサービスがあるってご存知でしたか?

試験まで時間がないときは、こういったサービスを利用すれば、気軽に対人での面接練習ができます。

では、具体的にどういったサービスがおすすめなんでしょうか?

英検二次試験対策ができるオンライン英会話がおすすめ

オンライン英会話の良さは、スマホやパソコンで気軽にレッスンができるところですよね。

そして、何より安い!

英検が終わっても日常会話やビジネス会話、そして文法などレッスンに切り替えることができます。

メニュー豊富なところを選べば、「英検が終わったら次はTOEIC対策!」なんてこともできちゃいます。

好きなだけ練習できるのはネイティブキャンプ

今人気急上昇の「ネイティブキャンプ」は、月額5950円でレッスンし放題というサービスです。

もちろん英検2次対策のレッスンも何回でも受け放題。

面接直前に詰め込んで面接練習することもできますので重宝しますよ。

もちろん英検以外の教材もたくさんありますので、面接中の世間話にも対応することが出来ます。

面接の直前期は希望者が殺到してしまうことが予想されます。

別途料金はかかってしまいますが、コインを購入して予約するのが確実です!

(予約は1回約200円~)

ネイティブキャンプってすっごく自由度が高くて気に入っているんですよね。

1回のレッスンが基本25分だけど短縮することもできるし、いつ・どの教材を始めようが、いくつか並行して進めようが、途中放棄しようが自由なんです。

基本的に私は予約なしの「今すぐレッスン」を使っています。

思い立った時にその場にいる先生とレッスンできるので、予定を決められたくない私にとってはぴったりです。

私は「フリートーク」をよく使うのですが、教材を使わないから外出先でも電話のようにレッスンできるし気に入ってるよ。

7日間無料で好きなだけ試せる!

本番同様の練習をして、英検二次試験合格を目指そう!

まとめ
  • 英検2次試験の主な練習方法は、「音読」そして「過去問・予想問題」
  • 日常から英語をガンガン話していくことが大切
  • 一番の近道はプロに直接指導してもらうこと
  • ネイティブキャンプは回数無制限で2次試験対策ができておすすめ

今回は、英検2次試験の練習方法についてご紹介していきましたが、いかがでしたか?

やはり本番同様の練習を早いうちから行っていくことが大切になります。

欲を言えば、1次試験に合格する前から面接を意識した対策を始めたほうがいいですね。

英語での会話なんて普段やっていないからこそ、慣れるまで時間がかかってしまいますからね…。

私が英会話を始めた理由は海外旅行に行ったときに困らないようにするためと、塾での授業スキルをアップさせるためです。

英語を教える身として、やっぱり「生きた英語を使う楽しさ」を知っておかないとなあと思いまして…。

「自由度が高くて安い」ということでネイティブキャンプを選びましたが、英検やTOEIC対策もできるってことに入会してから気づきました。笑

これは資格を受けろってことですかね…。生徒に負けないように頑張らないと。

ネイティブキャンプは7日間無料でレッスンが受けられます。

本会員と同様に回数無制限でレッスンが受けられますので、好きなだけ試してみることが出来ますよ。

ただし、「英検二次試験対策」という教材は無料体験期間中は使うことが出来ないので注意!

もし2次試験対策をしたいのであれば、早めに体験することをおすすめします。

もし「自分には合わないな」と感じたら、無料体験期間が終わる前に退会手続きしてくださいね。

体験中も使い放題!

ネイティブキャンプについてもっと詳しく知りたい方はこちら

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です