英検

英検 ライティング(英作文)の採点・添削は誰に頼むのがいいの?

英検の練習で英作文を解いてみたけど…自分が書いた英文が合っているのか分からない!

英検合格を目指して勉強している人にとって、ライティング(英作文)って厄介じゃないですよね…。

テキストに載っている模範解答は納得できるけど…一番知りたいのは、自分が書いた英文が合っているかどうかですよね!

そのためには採点・添削してくれる人が必要。

でも周りに英作文の採点をしている人なんてなかなかいませんよね。

今回は、英検のライティングを採点・添削してもらいたいときの対処法についてご紹介していきます!

英検 ライティング(英作文)の採点・添削は誰に頼むのがいいの?

学生の場合:学校や塾・予備校の先生

学生だったら、学校や塾・予備校の先生に採点をお願いしましょう。

喜んで採点に応じてくれるはずです。

その学校や塾に在籍している人なら、無料で採点・添削してもらえるというのメリットですよね。

また、対面なのでなぜそうなるのかをしつこく質問できたり、細かいニュアンスまで伝わりやすいです。

社会人は添削もしてくれるオンライン英会話がおすすめ!

でも、この記事を見ている人は近くに添削してくれる人がいないことが多いかと思います。

私が一番におすすめしたいのは、添削もしてくれるオンライン英会話を利用することです。

普段の英語の勉強もできて、英検前に添削もしてくれるなんてありがたくないですか?

「オンライン英会話」というだけあって、メインの学習は英会話。

なので、英検二次試験(面接)に必要なリスニング・スピーキングをメインに伸ばしていくことが出来るんですよね。

しかもスマホやパソコンから受講することが出来るので、そのお手軽さから近年とても人気になりつつあります。

普通の英会話教室よりも自由度は高いし、とにかく安い!私の生徒でも始めている人は多いよ。

もちろんオンライン英会話だけで英検一次試験・二次試験を全て対策していくのは難しいですが、市販のテキストと組み合わせれば凄まじいコスパを発揮してくれます。

数あるオンライン英会話の中でこの条件を満たしているのは、「ネイティブキャンプ」というサービス。

詳しくは後程説明していきますね。

単発で添削してくれるサービスもある

「とにかく英作文だけ採点してほしい!」という人には、単発で英作文だけ採点してくれるサービスもあります。

「IDIY(アイディー)」というサービスが「1単語〇円」という料金体系なので分かりやすくておすすめ。

解説あり・なしも選ぶことが出来ます。

もし手元に出来上がっている英作文があるのなら、公式サイトにコピペすることでいくらになるのか見積もりをしてくれますよ。

公式サイトトップから「ご利用料金」のページに飛べば、見積もりフォームが出てきます。

英検の過去問や予想問題の採点をしたいのであれば、「持ち込み英文添削」を選んでくださいね。

IDIYで単発添削してもらう

添削もしてくれるオンライン英会話なら英検対策以外も充実してる

と、このように英作文の添削だけしてくれるサービスもあるのですが…

私の場合、ライティングの添削が必要になる前からネイティブキャンプを始めていたので、英作文の添削もネイティブキャンプにお願いしています。

というのも、ネイティブキャンプは月額6,480円でレッスンし放題なんです。

ネイティブキャンプが用意している教材を進めてもいいし、なんなら手持ちのテキストを使ってレッスンをすることも可能。

もちろん英作文の添削も追加料金なしでやってもらうことが出来ます。

英作文の添削は比較的どの講師でもやってくれます。

講師選択時に「フリートーク」という教材を指定しますが、それで検索して出てくる講師で断られたことがありません。

念のため添削してもらって出来上がった英文を、いろんな先生に見てもらっています。

先生によっては「ほかにこんな表現があるよ!」とか、一歩踏み込んだ指導をしてくれるので勉強になるんですよね。

もちろん英作文の他にも日常英会話や、英検二次試験対策もできます。

(レッスン中ほぼ愚痴を言っているだけの時もあります…笑)

「困ったらとりあえずネイティブキャンプで聞こう」って使い方ができるからいいんだよね。ネイティブキャンプで全てまかなえる感じが気に入ってるよ。月額以上の料金はほとんどかからないしね。

ネイティブキャンプは体験もレッスン無制限

ネイティブキャンプでできる英検対策についてはこちらでまとめています。

継続したライティング(英作文)練習で英検合格を目指そう!

まとめ
  • 学生は学校や塾の先生に採点・添削してもらおう
  • 単発で英文添削してくれるサービスもある
  • 添削もしてくれるオンライン英会話は最強
  • 特におすすめなのはネイティブキャンプ

本日は、「ライティング(英作文)の採点・添削は誰に頼めばいいの?」ということに関して説明をしていきましたが、いかがでしたか?

周りに採点をしてくれる人がいればいいですが、ほとんどの人にとってはそんな人いませんもんね…

今は格安で利用できるサービスがありますので、これらをうまく利用していきましょう!

英検は英作文だけではありません。

読解や文法の力が必要であることに加えて、最大の難関二次試験(面接)も待っています。

これらをバランスよく勉強していくためには、過去問(+市販教材)+オンライン英会話で練習するのがマストだと感じています。

ネイティブキャンプは7日間のお試し期間がありますので、一度試されてみてはどうですか?

自分に必要な教材はあるのか、自分の生活スタイルに英会話の習慣を加えていくことはできるのかなど、実際にやってみないと分からないことも多いですもんね。

もし自分には合わないと感じたら、課金が開始される8日目になる前に退会申請をすればいいだけです。

「英検二次対策」という教材は無料体験期間中は使うことが出来ないから、英検を受ける方は早めに試して、継続するのかどうか決めたほうがいいよ。

体験中も24時間使い放題!

ネイティブキャンプについてもっと詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です