推薦入試

都立推薦入試の「自己PRカード」の書き方とよくあるお悩み

自己PRカードに何を書いたらいいのかわからない…。

都立推薦入試を受ける際に必ず提出する、自己PRカード。

「何を書いたらいいのか分からない!」って人が沢山いるんです。

実際塾で働いてると、毎年書き方を相談されるんだよね。

都立推薦入試ではこの自己PRカードをもとに選考を行うので、気合を入れて仕上げないといけませんよね。

今回は、自己PRカードの書き方について詳しく解説をしていきます。

自己PRカードの書き方で迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいね!

都立推薦入試全体のことを知りたい人は、下の記事をご覧ください。

都立推薦入試の「自己PRカード」とは?

自己PRカードを書く前に、まずは自己PRカードとはどんなものなのかを知りましょう!

どんな形式で、どんなな使われ方をするのかが分かれば、おのずと書き方の戦略が見えてきますね。

自己PRカードはどのように使われる?

都立推薦入試では自己PRカードはどのように使われるのかを確認しよう。

東京都教育委員ホームページによると、以下のように記載されています。

推薦入試での個人面接や第一次募集・分割前期募集などの面接の際の資料として活用します。また、 自己PRカードは点数化しませんが、総合成績が同点となった場合に順位を定めるための資料の一つとして活用することがあります。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/admission/high_school/exam/files/guide2019/12.pdf

直接得点化されるわけではないというのはびっくりですよね。

でも適当に書くわけにはいきません。

自己PRカードの内容をもとに面接が行われるので、自己PRカードで面接の点数が左右されると言っても過言ではないんですよ。

しっかり内容を考えていかなくてはいけませんね。

自己PRカードに書く内容

では実際、自己PRカードにはどんな内容を書くのでしょうか?

ざっくりまとめるとこんな感じです。

自己PRカードに書くこと
  • 志望理由について
  • 中学校生活の中で得たことについて
  • 高等学校卒業後の進路について

自己PRカードに書く項目っていうのはシンプルなんですよね。

それゆえに何を書けばいいのか、何を書いたら人と差をつけられるのか難しい…。

ここでしっかり差別化を図ることで、面接も有利な状態で進められますよ。

ありきたりなことばかり書いても面接官の期待値は上がらないからね。「おっ」と思わせるような内容を作っていこう。

というわけで、早速自己PRカードの書き方のポイントを見ていきましょう!

自己PRカードの書き方

ここでは自己PRカードの細かい書き方のポイントなどを説明していきますね。

下書きはするべき?

下書きは絶対にするべきです!

理想的な書き方は、

  1. 定規で枠の中にシャープペンシルで線を引く
  2. その線をガイドにシャープペンシルで下書き
  3. ボールペンでなぞる
  4. 下書きを消す

という方法です。

定規でラインを引くことによってよりバランスが良くなりますよ。

ですます調で書く

自己PRカードは「ですます調」で書きます。

逆に「である調」で書くのは小論文。

作文の口調は自由ですが、基本的には「ですます調」です。

作文と小論文は似ていますが、結構大きく違いますよ。

「論文」とつくものは「である調」と覚えておきましょう。

誤字をしてしまった。修正ペンは使っていい?

結果から言うと、自己PRカードは修正ペンの使用はダメってわけではありません。

修正ペンを使ったとしても、きちんと受理はしてくれます。

しかし、修正した後があると印象が悪くなることは避けられません。

じゃあ、誤字をしてしまった場合はどうしたらいいんだ!

こんな人のために、自己PRカードの修正方法を説明していきますね。

自己PRカードの修正方法① 学校の先生に余っている自己PRカードをもらって初めから書き直す

これが一番確実な方法です。

手間はかかりますが、悪い印象を与えるリスクはなくなります。

とは言っても、学校に取りに行けない場合や担任の先生があまりの自己PRカードを持ち合わせていない場合もありますよね。

そんな時は、以下の2種類の方法を参考にしてください。

自己PRカードの修正方法② 二重線を引いてその上に訂正印を押す

定規で二重線を引いてその上に訂正印を押す修正方法は、重要な書類を訂正するときの正しいやり方です。

都立推薦入試の自己PRカードは公的な書類ではありませんから、本当はここまでする必要はありません。

しかし、きちんとしておくに越したことはありませんよね。

自己PRカードの修正方法③ 修正ペンや修正テープを使って訂正してから、コピーを提出する

自己PRカードそのものにも書いてあるのですが、コピーしたものを提出しても大丈夫なんです。

これなら修正ペンなどを使ったとしても、コピーをすれば修正の跡がないきれいな自己PRカードが出来上がりますね。

誤字をしてしまった場合の自己PRカードの修正方法は以上の3つです!

いずれかの方法で修正すれば大丈夫ですが、もし学校の先生から修正方法の指定があった場合はそれに従ってくださいね。

消せるボールペンは使っていい?

自己PRカードに消せるボールペンは絶対にNGです!

自己PRカードだけでなく、相手方に提出する書類関係は全体的に消せるボールペンは使ってはいけません。

覚えておきましょうね。

コピーは必ず取っておこう

自己PRカードのコピーを取っておくことは大切です。

先ほども書いたとおり、都立推薦入試では自己PRカードを参考にして面接を行います。

模試自己PRカードに書いてある内容と面接での受け答えに矛盾が生じてしまったら大問題!

面接で「将来の夢」や「高校生になったら頑張りたいこと」を聞かれたとき、自己PRカードと違うことを言ってしまうと…

「結局何がしたいんだ?」となってしまいますよね。

こういったことを防ぐためにもしっかりコピーを取っておいて、面接では自己PRカードに書いてあることをベースに話すようにしましょう。

自分の言葉で、本当のことだけを書く

自己PRカードに多少嘘を書いたってバレないでしょ

こんな風に考えていませんか?

これはとっても危険なことです!

自己PRカードを書くときは時間制限なんてありませんし、何回も何回も書き直すことができますよね。

そうしているうちに、本当に自分がやりたいことではなかったり、面接官に好かれそうな内容を自然と選んでしまうと思うんです、

でも面接はそうではありません。

緊張状態にありますし、一人が発言できる時間は長くありません。

自己PRカードに書いた内容が頭に入っていたとしても、自分の本当の気持ちが出てしまうものなんです。

これも、面接で自己PRカードとの矛盾が出ないための大切なことですよ。

添削のされすぎに注意

自己PRカードを書く際、親や学校の先生、塾の先生に添削してもらうことが多いかと思います。

そんなときに気を付けたいのが、添削をされすぎてしまうこと。

まず、中学生とは思えない大人すぎる文章になってしまうと、「本当に自分で書いたのかな?」と疑われてしまいます。

もちろんきれいな文章で提出することは大切ですが…

大人が手を加えすぎてしまったことは、面接でバレます。

面接のときの話し方と自己PRカードの口調が明らかに異なっては不自然です。

そして前述のとおり、面接中は緊張状態にあります。

練習では気を付けていたとしても本番でできなくなってしまうことも多いんです。

また文章を書くのに慣れている大人は、自分の中で決まった言い回し、心地よく感じる展開、面接官が好きそうなアピール内容などを知っています。

より面接官に好かれるようにアドバイスをくれる程度ならいいのですが…

いろんな人に添削をしてもらううちに、自分のことではないアピール文ができてしまうことがあるんです。

複数の大人に自己PRカードを見てもらう場合は、細かい言い回しや文構成を主にアドバイスしてもらうようにしましょう!

ちなみに私もよく自己PRカードの添削をするけど、内容についてはほぼ手を加えないよ。内容をこちらが決めてしまうと、自分の物ではない自己PR文ができてしまうんだ。

自己PRカードは普通何行で書く?

これも気になりますよね。

生徒の様子を見ていると、字の大きい人で7行、普通は8行が相場ですね。

とはいってもぎっしり書いた方が当然印象は良いので、9行入れてしまっても大丈夫。

でもその時は読みやすいように、行間をあけるなど工夫しましょう。

でも、大事なのは行数や文字数だけじゃなく、いかに濃い内容を書くか。

この事をしっかり覚えておいてくださいね。

こんな時はどうする?困ったときの自己PRカード書き方ガイド

基本的な書き方は分かったけど…内容についてはどう書けばいいんだろう?

ここでは自己PRカードに書く内容についてのお悩みに答えていきますね!

志望理由をどう書いていいか分からない

生徒にもよくいるんです、志望理由が書けないって人。

高校のパンフレットからその学校の良いところを抜き出して書いていってしまうんですが、これはあまりいい方法ではありません。

こちらの記事でも書いているように、ありきたりな、学校のパンフレットから抜き出したような内容では周りの受験生と差別化を図ることはできませんよ。

まず、なぜあなたがその学校を選んだのか、率直に書き出してみましょう。

人に見せるためではないので、本当に正直に書きましょうね。

たとえば…

  • 家から近いから
  • 部活に入ることが強制じゃないから
  • 制服がかわいいから

などなど…

志望校を決めた理由は必ずあるはずです。

それを、人に読ませられるように文章を変換していきましょう。

  • 家から近いから → 交通の便がよく、勉強や部活により時間を割けると感じたから。
  • 部活に入ることが強制じゃないから → 難関大合格を目指しているため、勉強に専念できる環境だと感じたから。
  • 制服がかわいいから → 学校公開に訪れた際、先輩方が輝いて見えたから

どうでしょう、少しはまともな理由に見えてきましたよね?笑

全てこの方法で書くわけにいきませんが、こういった志望理由の書き方もアリってことを覚えておいてくださいね。

こちらの記事ではこのような、人に読ませられない志望理由なんかをまともな文に変換させる例をまとめています。

志望理由について詳しくはこちらの記事で解説しています。

自己PRカード書けるようなたいした活動をしていない

自己PRカードの2番目の項目は、「中学校生活で得たことについて」。

これが書けなくて困っている人は多いのではないかと思います。

これ、私も現役の時に困りました。

文化部でゆるゆると活動(といってもほとんど遊び)をしている部活でしたし、生徒会や実行委員もやったことがありませんでした。

それでも、自己PRカードに書けることはたくさんあるんですよ。

たとえば私の場合は「勉強」

勉強だけは人一倍していたので、自信はあります。(これは調査書でも裏付けされていればドンと推せますね。)

【例】

私が中学校生活で一番力を入れたのは勉強です。
家族も友人も、私がたくさん勉強できるように協力してくれたので大変助かりました。

なんて書き方もできます。

また、たいした活動をしていなくても「部活」のことも書いていいと思います。

ほとんど遊んでた…なんて書けませんから、これもいいところをピックアップして書くと、こんな感じになります。

【例】

私は部活を通じて、人は価値観や考え方が異なり、違うからこそ素晴らしいということを学びました。

などなど。

皆何かしら頑張ったことはあると思いますので、それをうまく文章にしてアピールしていきましょう。

将来の夢がない

将来の夢がない…といっても、なんとなくの道筋は見えているのではないでしょうか?

たとえば…

  • 安定しているから公務員になりたい
  • 営業とか絶対に向いていないから一日中パソコン作業をしていたい
  • 洋服が好きだし、ショップ店員とかそんな感じかなあ…

などなど。

とにかく自分の興味のある分野、こんな方向性かな?という職業について調べてみましょう。

職業について調べてみたら、どうしたらその職業に就くことができるかを調べます。

公務員になるなら、公務員試験に合格しなくてはいけません。

パソコンの仕事なら情報系分野を知っていた方がいいかも。

パソコンを使うだけの仕事なら、一般事務?

アパレルショップで働くならバイトでもできるけど、良い会社で正社員として働くなら流通や繊維のことについて深く知っておいたほうがいいかも…

と、将来の夢を一つ定めると、それまでの具体的な道筋や目指すべき進路が見えてきますね。

何も、今将来の夢を決定してくださいというわけではありません。

今後将来の夢が変わっても良いんです。

自己PRカードに必要なのは、自分の夢に対してどれほど真剣に調べたり、考えたりしているか、またその夢の実現のために頑張っているかです。

自己PRカードは自分を知ってもらうためのツール!

まとめ
  • 自己PRカードの書き方の最低限のルールを知っておこう。
  • 添削のされすぎなどで、自分のものではない自己PRが出来上がってしまうことに注意
  • 面接で言う内容と矛盾が生じないように!
  • 「志望理由」がないってことはないはず。ネガティブワードもうまく言い換えよう。

今回は自己PRカードの書き方について解説をしていきました。

文章を書くのに慣れていないと大変に感じるかもしれませんが、いくらでも書きようがあるってことが伝わりましたでしょうか?

自分だけで悩まずに、家族や友人に相談をすることで新しい発見があるかもしれませんよ。

推薦入試合格のための最初の一歩です。

ぜひ頑張って取り組んでください!

とは言っても…

受験本番はあくまでも一般入試。

推薦入試対策で手一杯になってしまうのも無理はないですが、一般入試対策を同時にしていかないと大変なことになってしまいます。

塾に通っているだけで満足するのではなく、家庭学習をいかに充実させるのかが大切ですよ。

でも…

自分一人では分からないことが多すぎて、勉強を進められない!

って人もいるかと思います。

市販のテキストで勉強していても丁寧に解説が書かれていないことが多いですしね…。

最近塾でも、「スタディサプリ」を使っている生徒が増えています。

映像授業が見放題で1,980円~と格安なので、塾の宿題が終わってしまったらスタディサプリを見て自習をしているそうです。

自習室はスマホ禁止なんだけど、スタディサプリだけは特別に許可しているよ。約半分の生徒がスタディサプリを使ってる。

映像授業も順番通りに見ないといけないわけではないので、苦手なところを中心に動画で勉強しています。

(暇な講師に聞いてくれればいいのに…。)

塾の授業料に比べるとかなり安いので、塾の補強として使っている人が多いですね。

講師としては何を使ってもいいから、しっかり勉強してほしい

特に入試が近づいてくると、ハイレベルな問題は自分の力だけでは進められないことも多いです。

入試までの限られた時間を有効活用するためにも、スタディサプリのようなサービスは積極的に利用していきたいですね。

とは言っても人によって合う・合わないがありますので、14日間の無料体験期間で使い心地をじっくり試してみると良いですよ。

気に入らなかったら無料体験期間中に退会手続きをすればOKです。

無料体験をするためにはクレジットカード決済を選択する必要があるので、お家の人と一緒に登録したほうがスムーズです。

ここまで格安で使い勝手のいいサービスはないので、一度試してみるのをおすすめします。

入試本番まであと少し、今からできることを着実に行ってくださいね!

神授業見放題を体験してみる

スタディサプリ公式サイト

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です