受験

入試直前、これからできる事。受験前の勉強法や過ごし方を解説

入試まで時間がない!
とにかくたくさん問題を解かなきゃ!

と焦る気持ちは分かりますが、空回りしてしまっては逆効果。
入試直前の時期だからこそ、焦らず、冷静に淡々と勉強をこなしていく必要があります。

そして、入試直前期は過ごし方にも注意が必要です。

入試本番で1点でも多く得点するためにできる、勉強法や過ごし方の注意点をまとめてみました。

最後の最後まで力を伸ばすための勉強法

暗記科目を今一度確認

一般的に直前期に伸ばしやすい教科は理科・社会と言われています。

理由は、暗記が物を言う科目だから。
また、時代や実験など、苦手単元をピンポイントで勉強しやすいです。
定期テスト前、一夜漬けで頭に叩き込んでいたみなさん、今こそ練習の成果を出す時です。笑

もう一つの理由としては、過去問の傾向から出題されやすい範囲が分かるからです。
市販の過去問は出題傾向の解説ページがついていますので、じっくり読み込んでみましょう。

新しい問題・テキストに手を出さない

焦ってしまうとあれも、これも!と手を出してしまいがちですが、
入試直前期は新しい問題・テキストには手を出さない方が無難。

もちろん、手持ちのテキストがすべて完璧になってしまったのなら新しいテキストを使ってもいいですよ。
でもそんなことはほとんどないはず。
今まで使っていた教材を2周、3周、と解くことによって、
「これ前回も間違えた!注意しなきゃ!」
と、過去の感情と結び付けて記憶ができたり、
分かる問題はもうやらない!と決めて効率よく進めることができます。

また、問題集ならまだいいのですが、
「英語長文の読み方」や「現代文の読解法」など、独自の解き方を推すようなテキストは絶対に入試直前期に手を出してはいけません!
「1週間で身に付く」などと謳っていても、やはり自分の武器にするには時間がかかります。
今までのやり方を信じて、精度を上げていきましょう。

今からでも“暗記ノート”をつけよう

暗記ノートについては別の記事で詳しく述べていますのでご参考に。

こちらの記事でご紹介している【まとめノート型】暗記ノートは、まとめるのに時間がかかってしまうので受験直前期はおすすめしません。

【間違えた問題コレクション型】と【一問一答型】は時間をかけずに暗記ノートを作ることができますし、入試本番まで時間がない直前期だからこそ、力を発揮するんです。

暗記ノートに載っているもの=実際に出題されたこと。
そしてその中でも、自分が解けなかった問題しか記載されていません。
暗記ノートに載っている問題は必ず解けるように、繰り返し復習しましょう。

入試当日も暗記ノートを持っていくと、少ない荷物で効率の良い勉強ができますよ。

出来ない問題を中心に勉強する

前の項目ともすこし重複しますが、入試直前期は特に、「できる問題」には時間をかけるべきではありません。
入試直前期こそ冷静に、戦略的でいる必要があります。

このために暗記ノートがあるんですよ。
いままでしっかり暗記ノートを書き溜めている人は、そこに載っている事柄を中心に勉強しましょう。

また、模試の結果帳票も活用しましょう。
今までは点数や偏差値だけを見ていたかもしれませんが、「自分に足りないのはどんな力なのか」という情報のほうが大切。
いくつか模試の結果帳票を見比べて、自分がやるべき勉強の優先順位をつけてみてくださいね。

それでも何を、どうやって勉強したらいいのか分からない人は、塾でお世話になっている先生に聞いてみましょう。
きっと良いアドバイスをしてくれるはず。

過去問は最高の参考書

過去問は解き終わりましたか?
まったく解いていない!という人は、とりあえず2年前の問題を解いて傾向をつかみましょう。

なぜ去年ではなく2年前か?
理由は簡単、去年出た問題が今年も出るとは考えづらいから。
そして昔すぎると傾向が大幅に変わっている恐れがあるから。

もちろん、過去問は手持ちのものすべてを解き終えているのが理想です。
そして、大問や出題範囲ごとに正答率をつけ、苦手を炙り出していくと尚good。

時間がない人は、まずは苦手科目から解きましょう。

入試当日、実力を出し切るためのアドバイス

体調を整える

睡眠不足はパフォーマンスを下げます。
不安で不安で寝ている場合ではない!
という気持ちも分かりますが、睡眠を削ってしまうと定着度が下がってしまいますよ。
しっかりと睡眠をとって、起きている時間にいかに勉強時間を捻出できるかを考えましょう。

大概の身体の不調は、冷えと睡眠不足からくると聞いたことがあります。
若い方はそんなに気にならないかも知れないですが、知らず知らずのうちに冷えていることもありますよ!
とにかく身体を冷やさないように!!
冷えは万病のもと!

朝型の生活リズムにする

夜型生活をしていては絶対にだめ!
今すぐに、朝型生活に切り替えましょう。

直前まで夜型生活をしていると…
入試本番で頭が回らなくて実力を出し切れなかったり、
寝坊・遅刻の可能性さえも出てきてしまいますよ!

具体的にどうすればいいかというと…
試験当日は何時に起きれば良いかを調べて、それと同じか早く起きるようにするべきです。
そして、試験開始の時間にはすでに勉強を始めていること。
そうすれば、試験当日もいつもの時間に起きて、パフォーマンスを最大限発揮することができます。

持ち物は余裕をもって準備

当日焦らないためにも、前日に持ち物を準備しておきましょう。
間違っても遅刻することがないように。

受験票や上履き、交通費などの持ち物は必ず前日までに用意しましょう。
大学受験ですと「時計を持ってくるように」と支持のあるところが多いです。
前日に慌てて買いに行くことがないようにしましょう。

試験中の休み時間は少し勉強する時間がありますが、全教科の参考書を持っていくのは大変です。
どの教材を持っていくのか、厳選しておきましょう。
何度も書いていますが、暗記ノートは持って行ってくださいね!

学校までの交通経路の確認

こちらも当たり前のことですが、前日までに済ませましょう。
朝のラッシュで電車が遅れてもいいように、早めの電車を調べておきます。
また駅から学校までの道で迷わないようにGoogle mapにピンを立てておいたり、紙の地図を用意するなどしておきましょう。
学校見学などで何度も足を運んでいる人は安心ですね。
迷ったら勝手に判断せずに、駅員や近くにいる人に聞くこと!

するべきことをしたら、あとは実力を出しきるのみ!

受験直前、どのように過ごしたらいいのかはお分かりいただけましたでしょうか?
するべきことを精一杯したら、あとは実力を発揮するのみ!
お守りを持って、仏壇や神棚に手を合わせて、キットカットなんかも持って出発!
とにかくいつもと同じように、おちついて取り組みましょう。

努力はきっと実を結ぶ。

受験生、ファイトーーー!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です