受験

大学受験に全落ちしたらどうなる?進学・浪人・就職など、どんな道が残っている?

受験した大学に全部落ちたらどうなるんだろう?専門学校?浪人?それとももう就職しかない…?

大学受験全落ち…

出来れば考えたくないものです。

でも、これはきちんと向き合わないといけないこと。

受験した大学が全滅してしまった場合どんなことが起こるのか、すべての受験生が知っておく必要があります。

最悪の事態に備えて、早くから考えておかなくてはいけないことですよ。

今回は、大学受験に全落ちしてしまった場合の残された道を解説していきます。

目を背けず、きちんと向き合ってくださいね。

大学受験に全落ちしたらどうなる?残された道は?

もしも大学に全落ちしてしまったら、いったいどんな道が残されているのでしょうか?

ざっくりと説明すると以下の通りです。

  • 浪人する
  • 就職・アルバイトをする
  • 進学できる学校を探す

大きく分けてこの3通りの選択肢があります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

浪人する

浪人の中にもいくつか種類があるのですが…

  1. 予備校に通って浪人
  2. 宅浪

主にこの2つに分けられますね。

それぞれの浪人の特徴を見ていきましょう。

①予備校に通って浪人

浪人生といえば、予備校というイメージが強いのではないでしょうか。

実際に浪人生は、予備校に通う人がほとんどです。

予備校は現役生も通いますが、浪人生も多数。

同じ境遇の仲間ができますので、一人で浪人するよりも心の支えができやすいです。

なにより、予備校は勉強のペースメーカーとして活用できることが大きな利点です。

自分一人で勉強していると、

「このペースで間に合うのか?」

「勉強の仕方はこれで大丈夫?」

という不安に押しつぶされそうになります。

正しい方向を向いて進むためにも、予備校に通うという選択肢はかなり有力になります。

②宅浪

「宅浪」は塾や予備校に行かずに、自分の力だけで受験勉強を続けていくスタイル。

金銭的な心配が少ないのがメリットですが、やはり人の手を借りないというのはかなり不安です。

よほど精神的に強い人ではないと、宅浪はおすすめしません…

ただし、宅浪をして第一志望校に合格できたらとても素晴らしい成功体験になります。

志望校合格という結果だけではありません。

勉強カリキュラムも自分で決める。

結果が出ない原因究明や改善などもする。

そして自分を律して標に向かって進んでいく…。

これができるのは一握りです。

宅浪で受験を成功させるということは、人間的にも大きな成長となることでしょう。

ただ、これは受験が成功したらの話。

受験を失敗してしまうとダメージが大きいのも、この宅浪です。

宅浪は本当に強い精神力が必要。予備校代がもったいないからという理由で宅浪を選択するのは後悔することになるよ。

就職・アルバイトをする

自分を見つめなおすために、一度働いてみるという手もあります。

現代は、「高学歴=成功」とは限りません。

有名大学を出たからと言って希望の職種に就けるかどうかの保証もないですしね。

もちろん高卒で3月から就活をして、有名な企業の正社員として勤めるのは難しいです。

でも世の中、選ばなければいくらだって仕事はあるんですよね。

一度働いてみて、「やっぱり大学に行きたい」と思うのならばもう一度受験にチャレンジしてみるのもOK。

1年くらい働けば、塾や予備校代くらいの貯金はできるでしょう。

もしかしたら、他にやりたいことが見つかるかもしれません。

「大学に進学しなくてはならない」という固定概念を一度捨ててみるのもおすすめです。

進学できる学校を探す

どこにも受からないまま3月になってしまっても、まだ受験できる学校はあるかもしれません。

その際は学部や学科・学校の所在地などの条件を広げてみるのがおすすめです。

大学・専門学校などに分けて説明していきます。

①今からでも受験できる大学

私立大学の前期試験の結果が出揃うのは、遅くても2月下旬。

3月にも入試がある大学も多いので、まだ募集している大学の入試を受けまくるということもできます。

ただやはり、選択肢は狭くなってしまいますね。

有名大学だと3月まで募集しているところはやはり少ないです。

そして3月まで募集していたとしても、定員が少ないことも…。

「定員5名」とか、「若干名(合格者を出すかどうかすら不明)」なんてことも多いですからね…。

②専門学校・短大・夜間大学に進学する

大学だけではなく、専門学校や短大などに視野を広げることも大切です。

専門学校にもたくさんの良い所はありますよ。

なにも、大学だけが学校ではありません。

同じ資格を取るのでも、専門学校に入った方が短期間で資格を取得できることもあります。

そして早く社会に出ることでその分経験を積むことができますよ。

そして、大学の中にも「夜間コース」や「通信制」という選択肢もあります。

同じ大学でも昼間の学部と比べて入りやすいのが特徴。

有名大学でもこれらのコースを設置しているところがありますよ。

そして実はあまり知られていないのですが…

専門学校から大学に編入するという選択肢もあるんです。

詳しくはこちらの記事で解説しています↓

仮面浪人という選択肢もある

仮面浪人という言葉をご存知ですか?

仮面浪人とは、大学や他の学校に通いつつ、他の大学に行くための受験勉強をする受験生のことです。

滑り止めの大学には合格したけど、もう一度第一志望校にチャレンジしたい人がこの手法を取ります。

ご想像のとおり、仮面浪人はとっても大変です。

通っている学校の授業をこなしつつ、受験勉強をするのですから。

時間の面でもお金の面でも、そして精神的にもかなりつらいです。

一方で、とてもリスクの少ない浪人の方法であるとも言えます。

たとえ受験に失敗したとしても、今通っている学校に通い続ければいいだけの話です。

でも、仮面浪人を成功させられる人はあまり多くありません。

とても強い精神力を持っていないと、途中でリタイアしてしまうんです。

はじめは「仮面浪人頑張るぞ!」と思っていても、今通っている学校が楽しくなってしまって、だんだんと受験勉強をしなくなるパターンが一番多いです。

かく言う私も実は、仮面浪人経験者。これから仮面浪人をしようとしている人に向けて体験談をまとめたので、ぜひ参考にしてね。

大学受験で全落ちしてしてしまったとき、取るべき行動とは?

受けた大学が全滅してしまったことが分かったら、落ち込んでいる時間などありません!

すぐに取るべき行動があるんです!

親や学校・塾には必ず報告すること

「全落ち」という結果は、なかなか報告しづらいものではありますが…

必ず親や学校、塾に報告をしてください。

塾や学校の先生も、結果を心配しているんですよ。

結果はどうあれ、報告するのが筋というものです。

なにより、隠していてもいずれバレますしね。

周りの大人にアドバイスを求める

自分だけで悩んでいたって先には進みません。

早く大人からアドバイスをもらって、次の一手を考えなくてはいけませんよ。

「人に頼らず自分で決めないと」なんて思っていませんか?

塾の先生も学校の先生も、それから親や兄弟でも、客観的な意見を聞くことが大切になってきます。

親や先生だって伊達にあなたより長く生きていません。

これまでの人生経験やあなたのことを想ってのアドバイスをくれるはずです。

徹底的に情報収集をする

浪人・進学・就職のどれを選ぶにせよ、とにかく情報が必要になってきます。

予備校に通うなら予備校。

進学先を探すなら沢山の大学の資料。

そして就職なら、沢山の求人情報を集めることになります。

ここで焦って決めてしまっては後々後悔することになってしまいます。

下手したら一生を左右しかねない決断だからね。焦らず慎重に決めよう。

大学・短大・専門学校の資料を一括請求

10校以上請求で図書カードプレゼント

将来を見据えた決断をする

浪人なんて嫌だし、とりあえず入れる大学に入学しようかな…。

こんな考えになってしまうのも分かります。

でもそれは、未来の自分が納得する決断ですか?

1年後、5年後、10年後…

あの時決断を急いでしまったばっかりに!」と後悔しないようにしたいですね。

「今」に焦点を当てて決めてはいけませんよ。

あくまで「将来」に目を向けて決断しましょう!

大学受験全落ちを避けるためにできることは?

「全落ち」という最悪の結果を避けるためには、早くからいろいろな事態に備えて考えておく必要があります。

これから受験に挑む人はまだそんなこと考えたくはないかもしれませんが…

受験は、常に最悪の事態を想定して動かなくてはいけないものです。

併願校の選定をしっかり行うこと

併願校の選定を適当にやってしまう人が多いんです。

でも第一志望校と同じくらい、併願校選びも真剣に考える必要がありますよ。

「併願校は何校受ければいいのか」

「どうやって選べばいいのか」

などは本当に人それぞれなんです。

専門分野や第一志望校のレベルなどによって大きく変わります。

でも最低でも決めておいてほしいのが、”インフルエンザにかかった状態で受験しても受かる1校”。

浪人NGの人は特に、何が起きても絶対に合格できる大学を必ず受験しましょう。

そして、受験は情報戦。

色々な大学の情報をたくさん集める必要があります。

今はネットで資料請求ができる時代です。

気になる大学はたくさん資料請求して、選択肢を広げておきましょう。

情報は多ければ多いほどいいです!

資料請求はこちらのサイトがおすすめです。

大学・短大・専門学校の資料を一括請求

併願校の選び方についてはこちらのページにまとめています。

第一志望校と同じくらい、併願校の対策を行う

過去問対策・研究は第一志望校だけに偏りがちですよね。

でも、第一志望校と同じくらいの時間・労力をかけて、滑り止め校の対策をするべきです。

滑り止めにしていた大学に落ちたらもう絶望的な状態なのは分かりますね?

確実に合格できるように、しっかり対策を行いましょう!

自分の力を過信しない

どこかの大学で引っかかると思ったら、どこにも引っかからなかった…

こんな人の中には、自分の力を信じすぎている人が多いんです。

自分の実力よりも上のチャレンジ校を受験すること自体は良いことです。

でも、合格できなかった時のことを考えていますか?

先ほども書いたように、「どんな状態で受けても合格できる学校」は最低でも1校、必ず受験するべきです。

大学受験では全落ちしてから焦って決めるのはだめ!早め早めに考えておくこと

まとめ
  • 受験した大学が全滅してしまったら、取る方針は大きく「進学」「就職」「浪人」の3つ。
  • 浪人するにしてもどういう方針で行くのかが大事。
  • 浪人はとにかく厳しい。
  • とにかく早く情報収集をしよう
  • 未来の自分が後悔しない選択を!

今回は、「大学受験に全落ちしたらどうなるの?」ということを解説していきました。

「全落ち」と言うのは本当に考えたくないことではありますが…きちんと向き合って考えなくてはいけません。

「もし全落ちしたら、浪人するか?」

「浪人する場合、バイトをしながら予備校に通うのか?」

など、具体的に考えておく必要がありますよ。

一番やってはいけないのが、「全落ちしてからどうしようか考えること」。

焦ってしまっては適切な判断ができないことがありますし、「ここまで受けてダメだったら浪人しよう」と決めておけば、早めに来年に向けての対策を始めることができますね!

繰り返し言います。受験に必要なのは、

  • 自分の力を信じすぎないこと
  • 最悪の事態まで想定しておくこと
  • たくさん情報収集をすること

です。

早めに対策を練って、まさかの時に慌てないようにしておきましょうね。

大学・短大・専門学校の資料を一括請求

10校以上請求で図書カードプレゼント

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です