受験

志望校はいつまでに決定する?理想は高2秋までに決めること!

大学受験を考えている皆さんは、もう志望校は決めましたか?
もちろん焦って決定する必要はありませんが…
やはり志望校は早めに決めておいた方がいいです。
志望校決定が遅くなればなるほど、勉強面でも精神面でも損をしてしまう可能性が高くなってしまうんですよ。

具体的に言えば、高校2年生の秋までに志望校を決定しておくのが理想!
どうして高2の秋なのでしょうか?
今回はその理由をお話しますね。

早くから志望校を決めたほうがいい理由

目標を定めて、モチベーションアップ

具体的な目標もなくただ勉強を頑張る、なんてことは難しいです。
早くから志望校を決定することで、具体的な「ゴール」を設定できます。

早くから志望校というゴールを決めておけば、あらゆる方法でモチベーションをキープできますよ。

やはり目標がないとやる気が出ないってもんです。

塾や予備校など、受験勉強の手段を余裕を持って選べる

正直、塾や予備校を高3の夏になってから探しているようでは遅いです。
難関校や国公立を目指すならなおさら、その志望校の対策ができる塾や予備校を探す必要があります。

予備校か、塾か?
塾の中でも、集団塾か、個別か?
通信教育やネットの教育サービスだけで十分か?

これらは一度実際に通ったり、サービスを利用してみないと、どれが自分に合っているのか分からないものでもあります。
高3の受験直前期にいろいろな塾の体験授業をはしごして…
なんてことは避けたいですもんね。

回り道しない、合格までの最短ルートを行くことができる

高2の秋までに志望校を決めていれば、高校3年生になってから勉強だけに集中することができます。
志望校を早くに決めておくことで、勉強する科目や、どの科目に力を入れるべきなのかを決定し、その計画に沿って勉強していくことが可能です。

学部・学科などがある程度固まっている人は良いのですが…
途中で目標を大きく変えてしまったり、まだ全く定まっていない状態だと、ちょっと面倒なことになるんです。
具体的には次の項目でお話いたします。

高2の秋までに志望校を決定ないとどうなる?

志望校の決定=受験科目の決定

志望校が絞れていないと、受験科目が決まらないことだってあるんです。
「自分は地学が得意だから、地学を使って受験をする!」
と決めていても、大学側から日本史・世界史が指定されることが多いです。

また、そもそも社会が必要なくて、国語と英語の2科目だけで受験できることもあります
国語のなかでもさらに、古文・漢文が必要なのかどうかもその学校によりますし…

とにかく早めに志望校を決定していれば、必要のない科目に時間やお金を費やしてしまったり、勉強を開始するのが遅れるのを防ぐことができます。

受験に使う科目を学校で履修できない可能性も

それよりももっと怖いことがあります。
高校3年生の授業選択はわりと早い時期に行います。
私のまわりの生徒だと、遅くても高の2冬には選択授業で履修する科目を決めなくてはいけません。
選択科目を選ぶ際、もし必要な科目を選択できないと、自力で勉強するしかなくなるんです!

これらが、高2の秋までに具体的な志望校・そのうちのどの学科を受験するのかを決定したほうがいい理由です。

「どうしても志望校を決められない!」って人が、最低でも決めておいてほしいこと

「そうは言ってもまだ具体的になんて決められない!」
って人が多いかと思います。
実際、そんなに早く具体的な志望校・学部・学科が定まる生徒は少ないです。
でもそんな人にでも、最低限決めてほしいことがあります。

志望する学科

これが決まるだけで、概ね勉強するべき科目は絞ることができます。
そして、大学も必然的に絞ることができてきますので、大体の受験校が決定できるのではないでしょうか。
同じ学科なら、試験科目は大きく変わらないはず。
絶対に必要になりそうな科目を中心に勉強することができます。

志望大学のレベル

同じ学科でも、大学によって必要な科目が異なる場合もあります。

例えば、日東駒専レベルは現代文・古文だけでいいところがほとんどなのに対し、
marchレベル以上になると漢文も加わってくる、などなど…
建築学科でも数は少ないですが数学ⅡBまでで受験できる大学もありますしね。

志望大学のレベルは、志望学科と同じくあらかじめ決めておきましょう。

志望校を決めるためには、具体的にどうしたらいい?

オープンキャンパスへ行く

気になる大学のオープンキャンパスには、積極的に足を運びましょう!
どうしても気になる大学がない、って人は、とりあえず身近にある総合大学に行ってみるといいかもしれません。
そのうちに、自分の興味のある分野が見つかるかもしれませんよ。

大学パンフレットを資料請求する

今は大学のパンフレットを一括で請求できるサービスも多いです。
マイナビからも資料請求できるのは知っていましたか?
超大手のマイナビ進学は、資料をとり寄せられる学校が多いのが魅力。
大学だけでなく、専門学校のパンフレットも取り寄せられます。

マイナビ進学

たくさんパンフレットを資料請求して、その中からオープンキャンパスに行く学校を選ぶと効率が良いですね。

早く志望校を決めたほうがいい理由、伝わりましたか?

いかがでしたでしょうか。
志望校決定は早いに越したことはありませんね!

もちろん、時間が経ったり勉強を進めていくうちに、志望校が変わることはよくある話です。
でも、情報収集を早めに行っておけば防げるかもしれませんよね。
同じ悩みでも、高1の時に悩むのと高3の時に悩むのは全く違います!

とにかく情報収集は早めに行おう!
という記事でした。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です